工場の面接でも聞かれる定番の質問9選!回答の準備をすれば怖くない!


こんにちは!工場に転職して10年目のサトシです。

書類選考が通って面接までいったらあと一歩。
しかし面接には誰でも緊張するもの。私も緊張しました。
あれこれ考えるよりも定番の質問に難なく回答できるようにしましょう。
行き当たりばったのしどろもどろの回答になるよりもスムーズな回答できる方が面接官への印象も良いです。

逆に言えば定番の質問が上手く回答できないと面接時も不利になってしまうので、しっかり準備しましょう!

工場へ転職を考えたらこのサイトがオススメ!

もっと有利に工場へ転職したいなら転職エージェント

定番の質問1:「長所と短所を教えてください」

長所

履歴書や職務経歴書に書いた自己PRや仕事をして行く上で得た経験を絡めると面接官も興味を持ってくれてアピールになります。
より応募者のことを知りたいと思わせるように話したいですね。

人は自分の短所ばかり見えがちですが、誰にでも何かしらの長所というのはあります。
むしろ短所だと思っていたことが違う面から見ると長所、ということもよくあります。

自己分析で短所ばかり見えてしまう人は逆転の発想をしてみましょう。

短所

面接官が「ちょっと問題あるな・・・」と思わせるような、仕事に影響を与えそうなことはあえて言わなくても良いです。

長所・短所の質問で面接官が見るのは「自己分析力」があるかです。
アピールする長所が多いのはいいことですが、あまりダラダラと長く続けないことがポイントです。
簡潔な説明ができるようにしておきましょう。

会話のテクニック:長所ゆえの短所

会話のテクニックとして「長所ゆえの短所」という説明の仕方もあります。

例)
私の長所は常に慎重に物事を進めることです。
しかし時として慎重になりすぎて行動が遅れがちなところがあります。
なので常に慎重かつ迅速に行動するように心がけています。

短所を言うのは躊躇することもあるかもしれませんが、人間は誰しも短所を持っています。
「短所はありません」と言い切ってしまう人は逆に信用されなでしょうね。

短所は●●です→だからそれをカバーするために〜〜しています。

という回答が良いでしょう。

定番の質問2:「この会社を選んだ理由は?」

当然ですが「何となく選んだ」という回答はもちろんNGです。もっと主体的な理由を用意しましょう。

キャリアがある場合は、これまでの実績や技能・経験を伝えて面接官にアピールしましょう。

キャリアが乏しい場合は、自身の性格や資格、または学生時代の経験などなどで適性をアピールします。

キャリアがある人たちよりは不利ですが、自己分析を徹底的にしてその仕事への技術や経験がなくてもカバーできる理由を用意してください。

選んだ理由に「熱意」を入れると効果的です。
前向きに仕事に取り組む姿勢を面接官に見せてください。

特に未経験であるなら業界や仕事をよく研究して理解した上での応募であることをアピールしましょう。

定番の質問3:「趣味はありますか?」

直接採用の合否に強く関わるわけではありませんが気を抜いたら印象が悪くなります。
もし仕事上役に立ちそうな趣味であればアピールになります。
例えば自動車関連の工場に応募するなら、

「車が好きで休日にはドライブを楽しんでいます」

といった感じですね。

「特にありません」というのは面接官には「つまらない人間」という印象を与えかねないので控えましょう。

だからと言ってパチンコ、お酒、ゲームなどを出すのもいいとは言えません。
なるべくなら「健全な人間です」というアピールにつながる回答が望ましいですね。
休日に何もしない人よりも前向きな過ごし方をしている人の方がイメージは良いです。イメージの良さは面接中にもプラスに働きます。

本当にこれといった趣味がない、というのであれば

「これといった趣味がなかったので最近本を読むようになりました。まだまだ知識は浅いですが、最近では話題の●●を読みました」

といった具合の回答はいかがでしょう?

定番の質問4:「希望条件はありますか?」

もし、やむを得ない事情がある場合は正直に面接官に伝えるべきです。

例えば勤務地は特に支障が無ければどこでも可と回答しておきましょう。
勤務地がいくつかある会社を受けるのであればそれを理解した上での応募であるべきです。

支障がある場合はちゃんとした説明をして理解を得ましょう。
例えば、「介護のことがあるので勤務地は●●か○○を希望します」
としっかり伝えましょう。

採用された後で「実は●●なので勤務地は□□がいいのですが・・・」というのは後出しジャンケンのようなものです。受かれば後のことは後で考えるということをしてはいけません。

給与面では、

「前職では●●万円でしたので同程度はいただきたいです」

という回答はちょっと強気すぎますね。
だからと言って

「いくらでもいいです」

というのは謙虚に見えますがちょっと志が低いですし足元を見られかねません。

「御社の規定に従います」

という回答が一番無難ですね。

もし給与面が気になって一次面接で待遇面の話が出なければ、最終面接の場で「確認」の意味を込めて質問するのがいいでしょう。
最初の面接であまり給与面の話をするのは得策とは言えません。

定番の質問5:「何か夢はありますか?」

ここでは仕事上の夢を語るのが一般的です。
この仕事をしてどうしたいか、どうなりたいかを回答するのがいいですね。
そして、その夢に向かってどのような努力をするのかを説明するといいでしょう。
ただし実現不可能な夢を語ってもあまり意味がありません。
例えば、

●●な仕事をしたい→それに取り組むための姿勢

をアピールしましょう。

プライベートな夢を聞かれたらどう回答する?

これは人生設計についての問いが多いです。
例えば、

「将来□□をするために一生懸命に働きたいです。」

といった具合に。
「田舎暮らしをしたい」とかでもいいと思います。

もしこれといったことがないのであれば

「今は転職活動を成功させることです」
「仕事をして生活を整えることが私の夢です」

といった回答でいいでしょう。

定番の質問6:「うちの仕事はきついけど大丈夫?」

工場勤務は体力を使うことが多いです。
ただ「大丈夫です!」と回答するのはちょっと浅いですね。
ここはなぜ大丈夫かも付け加えたいです。
例えば、

  • 「学生時代は野球をやっていたので体力には自信があります」
  • 「日頃から運動をしているので問題はありません」
  • 「前職も同じような環境だったので体は慣れています」

といった回答が無難でしょう。

この質問は具体的にどうきついのかを聞いてもOKです。
採用されて入社した後で

「これじゃ条件が違う・・・」

といったズレもなくす事ができます
具体的にどんな仕事でどう進めて行くのかを知ることもできます。

もし「残業が多い」という話が出たら、

「最初は慣れないこともあるかもしれませんが、仕事に慣れてから進め方を見直せるようにしたいです」

という回答も前向きでいいですね。

定番の質問7:「転職回数が多いですね」

これはどうしても面接官は気になることです。
もしかしたら

  • 「嫌な事があったらすぐやめてしまうのか」
  • 「トラブルを起こしやすいのか」

と思っています。
なので面接官の不安を払拭するような回答が望ましいです。

「これまでの会社は給料が安かったから」

と、正直すぎる回答はなるべく控えましょう。
転職回数の質問で待遇面を前面に出すのはやめておきましょう。

元の会社の悪口(上司、同僚、その他)も良い印象が持たれないのでやめておきましょう。

やはり前向きな転職であることをアピールすればなぜ転職をするのかに説得力が増します。

定番の質問8:「他に受けている会社はありますか?」

変に取り繕って嘘を言うよりは正直に他に受けている会社があると言いましょう。
というよりも転職活動で「1社しか考えていない」という人はそういないと思います。
むしろ面接官もそれは分かっています。

ただし具体的に「株式会社●●とxxと〜〜と・・・」会社名を上げる必要はありません。
「鉄鋼関連です」「食品関係です」といった具合に、どういった業界の工場かくらいに留めた回答でOKです。

その上で「御社が第一希望で転職活動をしています」

と回答するのが無難ですね。

定番の質問9:「年齢がずいぶんと上ですね」

もちろん年齢は若い方が有利です。
入社したら自分より若い先輩がいることもあるでしょう。
しかし年齢を不利と感じたらそこは「売り」になると前向きに考えましょう。

もし他の応募者よりも年齢が上だとしても、あなたのキャリアや経験は武器になります。
これは若い人には無いあなたの強みですし、会社にとってプラスになるはずです。
だから仕事は若い人よりもできることをアピールしましょう。

この質問が出ても動揺したりひるまないように堂々としていてください。

 

というわけで面接でよくある9つの質問をあげてみました。
もちろんどの面接でも必ずこの9つが聞かれるとは限りません。
しかし面接時に何が聞かれるかは誰にもわからないのもまた事実。

定番の質問くらいは簡単に答えられるように準備しておきましょう!

工場に転職するならまずは工場特化型転職サイト!

「自分からどんどん工場への転職活動を進めたい」
「周りの意見に惑わされずじっくり吟味して工場に転職したい」

というあなたは工場特化型転職サイトで求人を見てみましょう。
通常の転職サイトと違って工場の求人のみが載っているので、働きたい工場をより詳しく検索できます。

また、良い求人は「早い者勝ち」でもあります。
掲載期限があるのでいつまでも求人サイトに載り続けるわけではありません。
良い求人を見つけたら素早く行動して内定をゲットしましょう!

工場求人ナビ

創業1971年の日総工産が運営する工場、製造業専門の転職サイトです。
2018年3月より東京証券取引所市場第一部に上場した製造派遣業でも数少ない上場企業です。
大手の求人を多数扱っていることが魅力的で、これから工場で働こうと思う人のために用語集などもあるので初心者にも親切な転職サイトと言えるでしょう。

実際に応募するには登録相談会へ出向く必要はありますが、登録すればアドバイザーと相談しながら転職活動を進められるのが強みです。
つまり転職サイトとしてはもとより、転職エージェント的な使い方もできます。

どこを見たらいいかわからない、という人はまずは工場求人ナビに登録しておくことをオススメします。

工場求人ナビの公式HPはこちら!

工場ワークス

工場ワークスは工場関連の求人に特化した転職サイトで、何と言っても豊富な求人数が魅力です。(2019/8/11現在、28550件の求人があります)

「都道府県」×「人気の職種・特徴」×「給与形態」・「給与金額」で希望の仕事を検索できる「らくらく検索」を使えば自分の希望する仕事も見つけやすいです。
他にも条件に特化した求人の特集(寮付き、日勤のみ、フォークリフトを使うなどなど)もしているのでやりたい仕事や業務形態で探せます。

このように希望の求人を探しやすいので使い勝手が良い転職サイトと言えるでしょう。

会員登録をしておけばあなたにあった求人やスカウトのメールも届くので転職活動をより有利に進められるでしょう。

工場ワークスのHPはこちら!

もっと有利に工場へ転職するなら転職エージェント!

1人で転職活動をするよりもエージェントと二人三脚で進めれば

  • 書類対策
  • 面接対策
  • 日程調整
  • 給与交渉

などなどを引き受けてくれるのであなたはより転職活動に集中できます。
特に登録しなければ見ることすらできない「非公開求人」でお宝求人にも巡り会えるでしょう。

書類・面接対策に定評のあるdodaで工場・製造業へ転職する!

いざ転職するとしても書類が通らなければ始まりません。
面接にたどり着いても付け焼き刃では通りません。

書類や面接に自信がないというのであればdodaはぜひ利用したい転職エージェントです。
転職成功者からも定評のある面接、書類対策を受ければライバルに差をつけられるでしょう。

dodaは転職エージェントの中でも業界2位の求人数を誇ります。
もちろん非公開求人も充実しているのであなたの希望に沿った求人が見つかる可能性は高いです。

何よりdodaで定評のある「履歴書、職務経歴書、面接の対策」を受ければ一人であれこれ考えながら進めるよりも効率よくより良い転職活動を進められます。
もちろん無料で利用できるので利用しない手はありません。

そして転職エージェントとしてだけでなく、普通の転職サイトとしての利用も可能です
エージェントを介する必要が無いと思えば、自分で求人を検索して応募することもできます。

転職エージェントとして、
または転職サイトとして、
どちらでも利用できるので使い勝手が良いでしょう。

dodaの詳細を見る

dodaで希望にあった工場・製造業を紹介してもらう