工場勤務

大卒で工場勤務でも問題無い理由を大卒で10年働いている私が解説

こんにちは!工場に転職して10年目のサトシです。

大卒なのに工場で働くのってどうなのよ?と思う人が多いと思いますし、実際多いです。
しかし大卒で工場勤務も良い面が有ります。

私も大卒で「どうだろうなぁ」と思ったことはありますが、現在まで問題なく働いているのでそれほど気にすることはありませんでした。
むしろ営業で病むくらいなら体を動かしている工場の仕事の方が精神的にだいぶマシです。

人には適正というものがあります。
「大卒だから○○な仕事をしなければ」ということに捉われすぎると失敗してしまいます。
自分の適性をよく考えて自己分析をしてから職種を選べばより良い求人を発見できます。

工場に転職するなら見ておきたいのはこのサイト!

もっと有利に工場へ転職したいならこの転職エージェント!

【工場へ転職するならまずはこの3サイトを要チェック!】

  1. 工場ワークス
    国内最大級の求人数!検索の使い勝手も良いのでまずはこちら!
    工場にまつわる様々な情報量も国内最大級
  2. 工場求人ナビ
    アドバイザーに相談しながら仕事探しが可能!
    どんな工場が良いか悩んでいるなら利用してみましょう
  3. doda
    アドバイザーは1人につき2人付いてくれてサポート抜群!
    転職相談、求人紹介から履歴書&職務経歴書対策、面接対策、日程調整などのサポートを受けながら転職活動しましょう
    転職エージェント、転職サイトの両づかいも可能です

結論:大卒で工場勤務でも何の問題無いです

実際に大卒で工場勤務10年目の私はこう思います

仕事で重要なのは

  • 少しでも自分が満足できる仕事をする
  • その上で自分が成長できるか

だと私は思います。結局ここに帰結します。
もちろん給料も大切ですが、お金のために慣れない仕事で消耗するのはキツいです。

力仕事もあるし夏は暑く冬は寒い、時には残業が忙しかったり他のラインに応援に行ったりすることもあります。
しかし、慣れない仕事や向いてない仕事をするより工場の仕事の方が私の性に合っていました。

私も「大卒なのにこの仕事でいいんだろうか?」と思ったことはあります。

しかし、大学で学んだことをそのまま仕事に活かしている人はどれくらいいるのでしょうか?
大学で学んだことを仕事に活かさなければいけない、という決まりもありません。

誰だって仕事をしないで遊んで暮らして生きていたいと思うものです。
でも仕事は生きていく上でも必要なので、少しでもストレスが無くなるべく満足できる仕事をする方がいいのです。

私は営業で得意先と会社の板挟みになったり無理な注文をさばかなければいけないといったことが精神的にかなり辛かったです。
それなら体を動かしている今の工場の方が気楽に仕事ができます。

「大卒で工場勤務」は開き直ればOK

私も「大卒で工場勤務」を人からどう思われるかを気にした時期はありますし、今でもたま〜に思うことはあります。

10年働いて思いますが、「大卒だけど工場勤務」って本当にどうでもいいんですよね。

人からどう思われるかを気にするということはある種の「見栄」だと思うのですが、その見栄って日常生活でそんなに必要ですか?

むしろ「大卒だけど工場勤務ですよ。それが何か?」くらいに思っています。
自分がどうして今の仕事に就いているのか、他人には関係ありません。
人からの評価が気になるくらいなら開き直った方が楽です。何よりあなたは何も悪いことはしていません。

仲の良い友人からどう思われてるかは知りませんが、正直どうでもいいですね。
そんなことで友人付き合いが無くなるならそれまでの関係です。
仮に陰で笑われていたとしてもその嘲笑は私に届いていませんから。

たまにしか会わない知人からバカにされていたとしても、どうでもいいですね。
自分と関係の薄い人からの低評価に悩むのは時間の無駄です。

一般的な評価が低くてもどうでもいいですね。
こちらの事情も知らずにあれこれ言う人のことに悩むのも時間の無駄ですよ。

このようにある程度開き直ってしまうとかなり楽になるのでオススメです。
もう一度言いますが、大卒で工場勤務は何も悪いことをしているわけではありません。

あれこれ言われている、言われていたとしても

「だから何?」

くらいに思っておきましょう。

大卒でも工場勤務でいい理由

これから挙げていく理由が全ての工場で当てはまるというわけではありません。
しかしどれか一つでも当てはまった場合は、

「あ、大卒で工場勤務でもいいじゃん」

と思えるはずです。

狙い目は

  • 大企業の工場(製造業の大手)
  • 親会社がしっかりしている(大手商社など)

です。

ただし、中小企業の工場でも独自の技術で成長している工場もあるので、求人内容など応募する工場のことは良〜く調べましょう。
(案外そういった工場の方が大手よりも自分に合っている可能性は高いです)

幹部候補として入社できる

全ての工場で、とまではいきませんが幹部候補として大卒の求人を募集しているところもあります。

世間一般では「大卒=優秀」と見られています。

企業側としても優秀な人材が欲しいので「大卒なら幹部候補として」ということです。
実際にその人が優秀かはさておき、受験を経て大学で4年学んで、というプロセスはそれなりに人を成長させます。
たとえ専攻と外れた業界だとしても多様なものの見方や考え方は役に立つと見られます。

高卒や中卒で働いている人の方がキャリアがある分仕事はできるでしょう。
しかし、大学まで行く学力は高卒・中卒の人に比べて考え方が

  • 柔軟
  • 多様
  • 深い

傾向にあり、そういった人たちが仕事でキャリアを積めば会社をより良くできることを見越して大卒を採用したい企業は多いです。

何より幹部候補は年収が他の一般社員と比べて高い傾向にあります。
より上のレベルの会社で失敗するよりは、自分に合ったレベル、向いている仕事で認められて昇進していくというのも一つの考え方です。

とはいえ、大卒だからといって何もせずに幹部になれるというわけではありません。
日々の仕事はキチンとこなして自身も成長しなければいけないので、仕事で結果を出せるように頑張りましょう。

給料が案外良い

夜勤や交代勤務、または残業があれば手当てがつくので周りが思っているよりは給料が良いことがあります。

大卒だと高卒よりも給料が高いことが多いです。
周りの高卒社員と比べて給料が高いことに加えて

  • 夜勤手当
  • 交代勤務手当
  • 残業代

などがプラスされたらそれだけで結構稼げるでしょう。
他の会社に勤めている友人と比べても同等かそれ以上の額になることもありますし、特に20代ならその差は顕著に出ます。

もし実家住まいなら余計なお金を使うこともないので、貯蓄に回すことも可能。
格安な家賃の寮に住んでいる場合も同じです。

ただし夜勤や交代勤務、残業のある工場で働くのはそれなりに体力を使います。
慣れないうちは体が持たないこともあるかもしれないので注意しましょう。
(稼ぎたいという目標があれば頑張れるはずです)

定時終了、休日きっちり、連休が長い

定時で終業する工場や休日がきっちり決まっている工場ならプライベートの時間も取れます。

大卒だからといって激務で時間の余裕が無い仕事を選んだら当然体も心も疲れてしまいます。
それはいずれ体や心に何らかの悪影響を出すことになるでしょう。

でも時間が取れる工場ならそんな心配はありません。
確かに工場で働くということは疲れるかもしれませんが、プライベートの時間が多く取れるならしっかり休むこともできるので心身共に健康でいられます。
特に今現在仕事でしんどい思いをしている人。その仕事を10年後も続けられるか自問自答してみましょう。

プライベートの時間は

  • 趣味
  • 学び
  • 副業

と自由に使える時間です。
このプライベートの時間が多い方が人生はより豊かになります。

私の働く工場も祝祭日は出勤ですが、GW、盆休み、正月休みは長めに設定されています。(8〜9日)
それだけ休むと働きたくなくなるのがネックですが、それでも連休が長いというのは最高です。

もし大学で得た知識や経験を活かしたいなら副業という形で活躍することもできます。
特に、工場の給料が思ったより良くなくても副業で得られる稼ぎを足せば同世代の平均給与を超えることだって可能です。

「空いている時間を活かす」ということであれば学歴はあまり関係ありません。
高卒でも中卒でも、空いてる時間を副業に当ててその稼ぎを足せば大卒並みの平均給与以上を得ることも可能です。

空き時間にアルバイトやウーバーイーツの配達員をするのもいいですが本業で体力を使った後にするのは少々しんどいので、

  • アフィリエイト
  • フリマアプリ
  • せどり
  • ポイ活
  • 投資(つみたてNISAなどの長期投資)

といったところを始めてみてはいかがでしょう?

初期投資はそれほど必要ないのでもし失敗してもそれほど痛くはありません。
肉体的にも辛いわけではありません。
空き時間があるならそれらを学ぶところから初めたら、より失敗を避けることも可能です。

特に終身雇用が崩壊している昨今、副業で本業以外の収入源を持つことは自分の身を守るためにもとても重要です。

資格が取れる

工場で働く上で必要な資格は全て会社持ちで資格を取れます。

例えば工場の仕事で使う資格は以下のようなものがあります。

  • フォークリフト
  • 玉掛け
  • クレーン
  • 溶接技能者
  • 危険物取扱者
  • 衛生技能者
  • 安全管理者
  • 電気工事士
  • 機械加工技能士
  • 廃棄物処理施設技術管理者

業界にもよるので全ての工場でこれらの資格が必要なわけではありませんが、これらを持っていれば資格手当てがつく工場もあります。
「資格を持っている=仕事の幅が広がる」のであなたの評価に繋がり給与アップも期待できます。

しかし、それらの資格を持っていれば「他の仕事に転職しても潰しが利く」ということは少ないです。
それでも資格を持っていれば、もし別の工場へ転職するという時にはかなり有利になります。

「資格がある=仕事の幅が広い」ということなので、企業側も素人より資格を持っているあなたを採用したいはずです。
いずれにしろ資格は取得しておいて損はありません。

人は学歴で仕事をするわけではありません

もちろん良い学歴でなければ入社できない会社はあります。

しかし、高学歴でいい会社に入ったけど他にすごい人がたくさんいて実力を発揮できないまま埋もれてしまった、なんて人も実はたくさんいます。

極端なことを言うと、東大卒で良い会社に入ったけどもっと優秀な人がいて社内では凡人扱いなんて事もあり得るのです。

そうなったら「高学歴なのに使えない人」と言うレッテルを貼られて肩身の狭い思いをするでしょう。

レベルの高い会社で落ちこぼれるよりも、そこそこの会社でできる人間になる方が

  • 良い評価を受けやすい
  • 給料も上がりやすい
  • 居心地も良い

という考え方もあります。

大卒で工場勤務が恥ずかしいかどうかは自分次第

最初に「開き直ればOK」ということをお伝えしましたが、もう一つ重要なのは「余計なプライドを捨てる」ということですね。

「大卒だから高卒のお前らより優秀なんだ!」

という気持ちで働くと上手くいきません。
入社したてのあなたは新卒の新入社員とほぼ同レベルです。
先に働いている人達にはどう頑張っても今はかないません。

素直な気持ちで仕事を学んでいけばすぐにできるようになります。

  • 分からないことは何でも聞く
  • 教えてくれる人には年上年下関係なく尊敬の念を持つ
  • 簡単な仕事でも甘くみない

という初心を忘れないようにしましょう。

これまでの仕事も工場の仕事もダメだと思ったら自信を無くして「自分は何をやってもダメなんだ・・・」という負のスパイラルに陥りかねません。

でも余計なプライドを一旦捨てるとだいぶ気持ちが楽になります。
それは仕事外で人にどう思われても「だから何?」と思えるので是非やってみてください。

大卒の経験を活かしたいなら工場の現場以外を狙う

「工場=現場作業」と考えがちですが、工場の仕事は現場だけではありません。
「製造業」という枠で考えれば現場仕事以外にも仕事はあります。

大卒という肩書きにこだわるなら製造業の現場仕事以外の職種を狙いましょう。

  • 生産管理
  • 品質管理
  • 品質保証
  • 営業
  • 総務

現場作業に抵抗がある人は上記の職種を狙ってみましょう。
営業や総務といった仕事は大抵の企業にある仕事ですが、生産管理などの仕事は製造業だと普通にあります。

大卒という肩書きを上手く利用したいのであれば、経験や知識をそちらで活かすのも一つの考え方です。

大卒で工場勤務が何の問題もない理由のまとめ

  • 大卒で工場勤務でも何の問題も無い
    ・自分が満足できるかどうかが重要
    ・人からどう思われようと開き直ればOK
  • 大卒で工場勤務でもいい理由
    ・幹部候補として入社できる
    ・給料が案外良い(交代勤務、夜勤、残業があれば)
    ・定時、休日、連休で時間が取れる
    ・資格が取れる
  • 学歴で仕事をするわけではない
    ・大卒でも使えない人はいる
    ・高卒・中卒で働いてる人の方がキャリアがある分仕事はできる
    ・レベルの高い会社で落ちこぼれるよりそこそこの会社で出世するのもあり
  • 余計なプライドを捨てると未経験でも仕事は割と上手くいく
    ・素直な気持ちで仕事を学ぶ
    ・仕事外で何を言われても「だから何?」と思える
  • 大卒の肩書きを利用したければ現場仕事以外の求人を狙う
    ・「製造業」という枠で考える
    ・生産管理、品質管理、品質保証、営業、総務など

というわけで大卒でも工場勤務が大丈夫なことを紹介していきました。

どうしても変なプライドが邪魔をして「工場勤めはなぁ・・・」と思う人の気持ちは分かります。私もそう思った時期はありますから。

でも自分に合わない営業仕事をするより工場の仕事の方が本当に楽だったんですよ。

もしあなたに工場勤めが合わないとしたら「楽」というのは当てはまりません。
肉体的に疲れることもあるのでそういった意味でも「楽」ではありません。

でも精神的にやられるよりだいぶマシです。
実際に働いている私がそう思っているので間違いはありません。

もしあなたが今の仕事が辛くて悩んでいるなら工場の仕事も選択肢に入れて転職活動をしてみませんか?
とりあえず↓から工場の求人を探すところから始めましょう!

工場・製造業に転職したいなら使うべき転職サイトはこっち!

「自分からどんどん工場への転職活動を進めたい」
「周りの意見に惑わされずじっくり吟味して工場に転職したい」

というあなたは工場特化型転職サイトで求人を見てみましょう。
通常の転職サイトと違って工場の求人のみが載っているので、働きたい工場をより詳しく検索できます。

また、良い求人は「早い者勝ち」でもあります。
掲載期限があるのでいつまでも求人サイトに載り続けるわけではありません。
良い求人を見つけたら素早く行動して内定をゲットしましょう!

工場ワークス

工場ワークスは工場関連の求人に特化した転職サイトで、何と言っても豊富な求人数が魅力です。(2021/8/01現在、20,826件の求人があります)

「都道府県」×「人気の職種・特徴」×「給与形態」・「給与金額」で希望の仕事を検索できる「らくらく検索」を使えば自分の希望する仕事も見つけやすいです。
他にも条件に特化した求人の特集(寮付き、日勤のみ、フォークリフトを使うなどなど)もしているのでやりたい仕事や業務形態で探せます。

このように希望の求人を探しやすいので使い勝手が良い転職サイトと言えるでしょう。

会員登録をしておけばあなたにあった求人やスカウトのメールも届くので転職活動をより有利に進められるでしょう。

工場ワークスの公式HPはこちら!

工場求人ナビ

創業1971年の日総工産が運営する工場、製造業専門の転職サイトです。
2018年3月より東京証券取引所市場第一部に上場した製造派遣業でも数少ない上場企業です。
大手の求人を多数扱っていることが魅力的で、これから工場で働こうと思う人のために用語集などもあるので初心者にも親切な転職サイトと言えるでしょう。

実際に応募するには登録相談会へ出向く必要はありますが、登録すればアドバイザーと相談しながら転職活動を進められるのが強みです。
つまり転職サイトとしてはもとより、転職エージェント的な使い方もできます。

どこを見たらいいかわからない、という人はまずは工場求人ナビに登録しておくことをオススメします。

工場求人ナビの公式HPはこちら!

もっと有利に工場・製造業へ転職するなら転職エージェント!

1人で転職活動をするよりもエージェントと二人三脚で進めれば

  • 書類対策
  • 面接対策
  • 日程調整
  • 給与交渉

などなどを引き受けてくれるのであなたはより転職活動に集中できます。
特に登録しなければ見ることすらできない「非公開求人」でお宝求人にも巡り会えるでしょう。

書類・面接対策に定評のあるdodaで工場・製造業へ転職する!

いざ転職するとしても書類が通らなければ始まりません。
面接にたどり着いても付け焼き刃では通りません。

書類や面接に自信がないというのであればdodaはぜひ利用したい転職エージェントです。
転職成功者からも定評のある面接、書類対策を受ければライバルに差をつけられるでしょう。

dodaは転職エージェントの中でも業界2位の求人数を誇ります。
もちろん非公開求人も充実しているのであなたの希望に沿った求人が見つかる可能性は高いです。

何よりdodaで定評のある「履歴書、職務経歴書、面接の対策」を受ければ一人であれこれ考えながら進めるよりも効率よくより良い転職活動を進められます。
もちろん無料で利用できるので利用しない手はありません。

そして転職エージェントとしてだけでなく、普通の転職サイトとしての利用も可能です
エージェントを介する必要が無いと思えば、自分で求人を検索して応募することもできます。

転職エージェントとして、
または転職サイトとして、
どちらでも利用できるので使い勝手が良いでしょう。

dodaで希望にあった工場・製造業を紹介してもらう

 

工場の求人数なら日本最大級!工場ワークスのチェックはしていますか?
無料登録はコチラ
工場の求人数は日本最大級!
工場ワークス