転職活動

工場・製造業へ転職するなら職務経歴書は4段階で考えるのがコツ!

こんにちは!工場に転職して10年目のサトシです。

転職するにあたって必要なのは履歴書と職務経歴書です。
履歴書にも職歴欄はありますがそこには書ききれない、

「具体的にどういう仕事をしていたのか」
「どのように進めたのか」
「どのような結果を出したのか」

を詳しく伝えるためのものです。

  • 採用側にとっては自社の希望に会う人物かを判断するもの
  • 応募者にとっては自分をアピールするためのもの

この2点を頭に入れておきましょう。

工場へ転職を考えたらこのサイトがオススメ!
もっと有利に工場へ転職したいなら転職エージェント

なお、決まった形式というのは無く書式は自由です。
自由ではありますが自分をアピールするためのものなので、あれもこれもと盛り込みすぎると読みづらくなってしまいます。
 職務経歴書は見やすく分かりやすく作ることを心がけましょう。

基本的にはパソコンのワードで作るのが一般的です。
ただし、どうしてもパソコンが無い、パソコンのスキルが無いというのであれば手書きとなりますが、字は丁寧に書きましょう。

その他、職務経歴書のコツは以下の記事からどうぞ!

職歴の短い人必見!工場への転職で書くべき職務経歴書5つのポイント 「給料が安かった」「人間関係が悪かった」等の前職の悪口になるようなことはなるべく控えましょう。不満を前面にアピールするのはマイナ...
フリーター必見!工場への転職で書くべき職務経歴書の7つのポイント 気合を入れて書き込むべきは「期間が長いアルバイト」 色々なアルバイトを経験しているならば長い期間アルバイトをしていたところでの経験...
リストラ・倒産で工場へ転職する人が書く職務経歴書3つのポイント! 退職理由は簡潔に説明すればOK! 前職の退職理由は正直に書かずとも、「会社都合により退職」で大丈夫です。 さすがに正直に ...

その1 職務経歴書に必ず入れる3点はこれ!

これまでの会社の基本情報

難しく考えないで、これまで働いていた会社はどんな会社だったのかを書きます。
具体的には、

  • 資本金
  • 従業員数
  • 事業内容
  • 立場
  • 役職

などですね。

例)
20xx年4月 株式会社○○入社(資本金○○○万円、従業員数○○人)
主な事業内容:○○向けのxxの開発、製造、販売

仕事の内容、進め方

その会社でどんな仕事をしていたかを書きます。

  • どういった部署でどんな仕事をしたのか
  • 仕事の進め方

などですね。

例)
20xx年5月 ○○部 xx課に配属
<主な業務内容>
・業務用○○の生産

仕事の結果

その会社で上げた具体的な実績があればアピールになるので書きましょう。
もし無いというのであれば、上司から褒められた経験や取引先から評価されたことなどを書くとアピールになります。

実績を具体的に書くことで採用担当者に自分がどういう能力のある人物なのかが伝わります。
それは履歴書では伝えきれなかった人物像が見えてくる→アピールにつながります。

例)
<実績>

  • ○○の作業にxxを取り入れることを提案、月間平均生産料▲t→△t達成
  • 月間契約件数○件達成、社長賞受賞
  • □□をすることで社内のコミュニケーションが上がり、以前よりも雰囲気が良くなったと上司から言われた
  • 始業前に簡単な掃除をすることで常に綺麗な職場を心がけていました。

などといったことを書けば良いでしょう。

なお「仕事の結果」は「仕事の内容、進め方」と合わせて書いても良いでしょう。
ただしその時は分かりやすく書きましょう。

例)
20xx年5月 ○○部 xx課に配属
<主な業務内容>
業務用○○の製造、および検査(←仕事内容
・○○の作業にxxを取り入れることを提案、月間平均生産料▲t→△t達成(←実績

といった形ですね。

その2 アピールポイントを考えよう

まずはこれまでどんな仕事をしてきたのかを振り返ってみましょう。
ここでのポイントは、「人に説明することを前提に考える」ということです。
これまで自分がやってきたことなので説明はできるけど、相手はその仕事内容を知りません。

これまでの会社でしか通じない言葉もあると思いますが、そういった専門用語は使うべきではないですね。
なので、分かりやすくすることが大切です。

まずはプラス思考で考えよう

例)
そういえば同僚とは仲が良かった

  1. 職場でスムーズに仕事ができるように積極的にコミュニケーションを取っていた
  2. 結果日々の細かいことにも気がつくようになった
  3. 連絡や伝達等がスムーズにできるようになった

これは十分強みになります。
工場によっては作業中に人と話すことはあまり無いかもしれませんが、結局人がいなければ何も回らないのです。

特に伝達事項が上手く回っていないと思わぬミスから大損害を生みかねません。
コミュニケーションが潤滑な職場は雰囲気も良くなります。
あなたがコミュニケーションを取るのが得意ならば会社にとってもプラスの存在です。

経歴を振り返る

就職してから今までどのような仕事をしてきたのか振り返ってみましょう。

  • 入社年月日
  • 研修内容
  • 配属先
  • 業務内容・・・細かく出していきましょう。
  • 異動・・・業務はどのように変わったのか

実績を振り返る

具体的な実績はアピール度が高いので必ず入れます。
これはあなたの「売り」になることなので入れない理由がありません。

  • 目標達成、経費削減、効率化、受賞歴
  • 仕事上で工夫したこと
    工夫した結果、どのような効果があったのか、数字で見えないことでもアピールになります。
    細かく振り返ってみましょう。

実績や評価された点をあげていきましょう。

専門知識、スキルを振り返る

仕事を通じて得たものを振り返ってみましょう。

  • 20xx年7月 ○○検定2級合格
  • 20xx年9月 □□免許取得

または

  • ○○の仕事に従事していたので○○の機械の扱いが可能
  • □□を扱っていたので基本的な知識がある

もし学校で専門的に学んだことがあればそれを入れるのもいいでしょう。
ただし、応募先の会社の業務と関係ない場合は入れても意味はありません。
逆にいえば、

  • 元から持っていたスキルがあって○○に関わる仕事をしていた

というのであれば、それが応募先の会社で生かせればアピールになります。

その3 経歴を振り返ったら箇条書きにしてみよう

振り返ってみたらそれを箇条書きにしてみましょう。
時系列で書くのがいいですが、まずはどんどんあげていきます。順番は後で変えればいいのです。
後で順番を変える時のために「何年何月のことか」も入れてあげていくとスムーズです。

<経歴>

  • 20xx年x月 株式会社○○入社(事業規模、従業員数、事業内容等を書いておく
  •    y月 研修(研修内容を書いて何を学んで身につけたのかを書きます
  •    z月 ●●部△△課に配属(仕事内容を細かく挙げてみましょう
  • 20xy年x月 ○○部□□課へ異動(異動、昇進、そして退社と入社は全部書きます

 

「こんな簡単なこと」と思えるものでもどんどん出します。
それが思わぬアピールにつながることもあります。

あとは同様に細かい仕事の内容をあげていきましょう。

<実績>

改善提案 年間●件
効率化のために□□を提案
→結果△△となる

といった目に見えるものから、

  • 自分の課以外の社員とコミュニケーションを取り仕事の流れを理解するようにした
  • 日頃から新聞や専門誌を読んで知識を得るようにした
  • 日頃から整理整頓を心がけ常に綺麗な職場を保っていた
    →特に工場では5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)が重要です。
  • 常に心がけて入ればアピールにもなるでしょう
  • 字が綺麗と褒められたこと

などなど、細かいものまであげていきましょう。

社歴が短い人は最初と最後でどれだけ仕事ができるようになったかもアピールになります。

  • 初年度は●●を月間で○件
    →2年後は月間○○件
  • 初年度は●●を3人で進める
    →2年後には1人で進められるようになり後輩に指導する立場に

などなど。

<専門知識、スキル>

身につけた資格やスキルを並べていきましょう。
これも取得順に並べてる方がスムーズですが、後で並べかえればいいのでまずはどんどんあげていきましょう。

その4 その上で経歴の「取捨選択」をしましょう

アピールにつながることはなんでも盛り込みたいところですが、あまり入れすぎると職務経歴書だけで何枚も使うことになります。

自信があるのはいいことですが、採用担当者は何枚もある職務経歴書を読むのは結構疲れてしまいます。なぜなら他にも応募者はいるのです。
なので多くても職務経歴書は2枚くらいで収めるのがちょうどいいでしょう。

経歴に書くことが多い場合は応募先の企業のニーズにあったものを中心に取捨選択をしましょう。

食品工場に応募するのであれば管理栄養士の資格があれば役に立つかもしれません。
あなたにフォークリフトの資格があれば工場内では使うことが多いのでアピール度が高いです。

経歴が乏しい人は細かいことまで上げていき、頑張って内容を充実させましょう。
ただし、あまりにも応募先と関係ないことは入れないこと。
英検4級くらいの資格なら書いてもあまり意味がないのでいれる必要はありません。
もしどうしても内容が薄いというのであれば

  • その他資格等
    英検4級、●●検定○級

くらいにサラリと書いておく程度に止めておいてください。

趣味に関する資格やスキルも仕事とは関係ないので入れるべきではないですね。
ただし、応募先の事業内容と関連する場合は入れてもいいかもしれません。

工場・製造業に転職したいなら使うべき転職サイトはこっち!

「自分からどんどん工場への転職活動を進めたい」
「周りの意見に惑わされずじっくり吟味して工場に転職したい」

というあなたは工場特化型転職サイトで求人を見てみましょう。
通常の転職サイトと違って工場の求人のみが載っているので、働きたい工場をより詳しく検索できます。

また、良い求人は「早い者勝ち」でもあります。
掲載期限があるのでいつまでも求人サイトに載り続けるわけではありません。
良い求人を見つけたら素早く行動して内定をゲットしましょう!

工場ワークス

工場ワークスは工場関連の求人に特化した転職サイトで、何と言っても豊富な求人数が魅力です。(2021/8/01現在、20,826件の求人があります)

「都道府県」×「人気の職種・特徴」×「給与形態」・「給与金額」で希望の仕事を検索できる「らくらく検索」を使えば自分の希望する仕事も見つけやすいです。
他にも条件に特化した求人の特集(寮付き、日勤のみ、フォークリフトを使うなどなど)もしているのでやりたい仕事や業務形態で探せます。

このように希望の求人を探しやすいので使い勝手が良い転職サイトと言えるでしょう。

会員登録をしておけばあなたにあった求人やスカウトのメールも届くので転職活動をより有利に進められるでしょう。

工場ワークスの公式HPはこちら!

工場求人ナビ

創業1971年の日総工産が運営する工場、製造業専門の転職サイトです。
2018年3月より東京証券取引所市場第一部に上場した製造派遣業でも数少ない上場企業です。
大手の求人を多数扱っていることが魅力的で、これから工場で働こうと思う人のために用語集などもあるので初心者にも親切な転職サイトと言えるでしょう。

実際に応募するには登録相談会へ出向く必要はありますが、登録すればアドバイザーと相談しながら転職活動を進められるのが強みです。
つまり転職サイトとしてはもとより、転職エージェント的な使い方もできます。

どこを見たらいいかわからない、という人はまずは工場求人ナビに登録しておくことをオススメします。

工場求人ナビの公式HPはこちら!

もっと有利に工場・製造業へ転職するなら転職エージェント!

1人で転職活動をするよりもエージェントと二人三脚で進めれば

  • 書類対策
  • 面接対策
  • 日程調整
  • 給与交渉

などなどを引き受けてくれるのであなたはより転職活動に集中できます。
特に登録しなければ見ることすらできない「非公開求人」でお宝求人にも巡り会えるでしょう。

書類・面接対策に定評のあるdodaで工場・製造業へ転職する!

いざ転職するとしても書類が通らなければ始まりません。
面接にたどり着いても付け焼き刃では通りません。

書類や面接に自信がないというのであればdodaはぜひ利用したい転職エージェントです。
転職成功者からも定評のある面接、書類対策を受ければライバルに差をつけられるでしょう。

dodaは転職エージェントの中でも業界2位の求人数を誇ります。
もちろん非公開求人も充実しているのであなたの希望に沿った求人が見つかる可能性は高いです。

何よりdodaで定評のある「履歴書、職務経歴書、面接の対策」を受ければ一人であれこれ考えながら進めるよりも効率よくより良い転職活動を進められます。
もちろん無料で利用できるので利用しない手はありません。

そして転職エージェントとしてだけでなく、普通の転職サイトとしての利用も可能です
エージェントを介する必要が無いと思えば、自分で求人を検索して応募することもできます。

転職エージェントとして、
または転職サイトとして、
どちらでも利用できるので使い勝手が良いでしょう。

dodaで希望にあった工場・製造業を紹介してもらう

 

工場の求人数なら日本最大級!工場ワークスのチェックはしていますか?
無料登録はコチラ
工場の求人数は日本最大級!
工場ワークス