職歴の短い人必見!工場への転職で書くべき職務経歴書5つのポイント


こんにちは!工場に転職して10年目のサトシです。

もしあなたが前職を短い期間で辞めたとしても、「短期間で辞めてしまった」事実は消えません。
採用担当も気にするところではありますが、だからこそ「前向きな転職である」ことをアピールしましょう。

期間が短くても身につけたことや学んだこや成果

  • 何をどうやって
  • どんな工夫をしたのか
  • その結果どうなったのか

ということを書きましょう。

工場へ転職を考えたらこのサイトがオススメ!

もっと有利に工場へ転職したいなら転職エージェント

「給料が安かった」「人間関係が悪かった」等の前職の悪口になるようなことはなるべく控えましょう。不満を前面にアピールするのはマイナス要因です。

社内研修で身につけたこともアピール材料になる!

新卒者は1からいろいろなことを教えなければなりませんが、短いながらも社会人経験があるなら最低限のマナーは身についているかと思います。

もちろん応募している工場の仕事は新しい分野かもしれませんのでこれから学ぶことは色々あるでしょう。
しかし新卒者には「仕事」+「社会人としてのイロハ」をこれから教えなければなりません。

ところが社会人の経験があるあなたにはすでに「社会人としてのイロハ」は備わっているわけですからこれは強みとしましょう。

確かに新卒者の方が就職には有利ですが、新しく「基本のき」を教えなくて済むので前職で短いながらも身につけたことは積極的にアピールしておきましょう。

業務内容は詳細に書く!

短期間で辞めたとしてもそこで仕事をしたことはどんなことなのか、それは会社にとってどのように役立つのかを採用担当は見ています。

また、採用担当者はこれまであなたがしてきた仕事に関する知識はありません。
詳しく説明することであなたがどのように仕事を進めてきたかも見ることができます。

○○業務:○○という仕事をやっていました。

よりも

○○業務:○○を〜〜する仕事
○○を〜〜という形で仕事を進めます。
その際、特に△△に気をつけて注意深く進めました。

といったように具体的に書く方がより正確に伝わります。

前職で何か実績があればどんどん盛り込もう!

進めた仕事で何かしらの実績があればアピール材料になるので絶対に盛り込みましょう。
特に数字で表せるものは一番分かりやすいので採用担当にもアピールできます。

たとえ前職の在籍期間が短くても、「短いながらもこれだけの実績を出した」というのはプラスになるはずです。

例えば、

【改善実績】

  • 資材置き場の導線の工夫を提案:6ヶ月後に生産性が前年比15%アップ
  • 機械のコンベア周りに柵を立てることを提案:安全性の向上に貢献
  • 検査項目の効率化を提案:3ヶ月後に不良品発生率が10%ダウン

といった具合に。

上記の例は前職も工場だったとして例を挙げてみましたが、事務職や営業職であっても工夫して業務が上手く進められるようになったことは実績と考えましょう。
それが数字で現れたり賞を取ったりしたら書かない手はありません。

その内容を詳しく、かつ簡潔に内容を書けばさらに効果的です。

バイト経験もアピールにつながる場合もある!

応募先の仕事内容に繋がりそうであればアルバイトの経験もアピール材料になります。

あまりアルバイトのことを前面に出して書くべきではないのですが、書く材料が足りない時には入れておきましょう。
前面に出すのがためらわれる場合は、参考事項として別項目で書いた方がわかりやすいでしょう。

たとえば食品関連の工場へ応募するとして、少しアピール材料が足りない時に、

【参考事項】

  • 学生時代に飲食店でアルバイトを経験

アルバイト先の教育を通じて食材を扱う知識は一通り備わりました。
特に衛生面は厳しく管理されていたので、日常的な食材の管理や手洗いなども意識するようになりました。

といったことがあれば付け加えるのが良いでしょう。

退職理由は「前向きな退職理由」を書こう!

採用担当が一番気にするところです。
たとえ短期間で辞めてしまったとしても前向きな理由を用意しましょう。
例えば、

  • ○○の経験を生かして△△をしたかったので
  • 前職ではできなかった○○をしたかったので

といったことですね。

前職の悪口になる「給料が安かったから」「休みが少なかったから」という理由を前面に出すのは控えましょう。

【退職理由】

幼い頃から模型作成など「ものづくり」が得意で細かい作業には自信がありました。
しかし就職活動中から仕事となるとそれは別物と考えていたので、学生時代に学んだ○○(専攻科目など)を活かした就職先を選びました。
しかし次第にものづくりに携わる仕事をしたい、もっと自分の得意分野を磨きたいという思いが強くなり今回の転職に踏み切りました。

こういう流れであれば、

  • 「得意なものづくり」を活かした
  • 「前職ではできなかった」

仕事をするためという理由が見て取れます。

今後の目標も付け加えておくとアピールになる

退職理由と絡めて「こういう仕事でこういうことをしたい」といったことを書きます。

応募先の工場での仕事と絡めて、

  • ○○の技術を身につけて
  • その技術で△△な仕事をして
  • 将来的には□□という仕事に関わりたい

という将来の展望まで盛り込めたら完璧ですね。

 

というわけで勤務期間が短い人はどうしても書くことが少なくなってしまいがちですが、「だからダメだろうな・・・」とネガティブに思わずに最低でもこれらの項目は職務経歴書には書いておきましょう。

冒頭でも言いましたが、短い期間で辞めてしまった事実は消えません。

  • 短いながらもこれまでやってきた仕事や学んだこと
  • 今後自分がどういう仕事をしたいか

という2つをテーマに、ポジティブな面をアピールしましょう。

何かしら身につけたこと、少しでも有利なことはあるものです。
まずはこれまでの自分の経歴の棚卸しするところから始めましょう。

工場・製造業に転職したいなら使うべき転職サイトはこっち!

「自分からどんどん工場への転職活動を進めたい」
「周りの意見に惑わされずじっくり吟味して工場に転職したい」

というあなたは工場特化型転職サイトで求人を見てみましょう。
通常の転職サイトと違って工場の求人のみが載っているので、働きたい工場をより詳しく検索できます。

また、良い求人は「早い者勝ち」でもあります。
掲載期限があるのでいつまでも求人サイトに載り続けるわけではありません。
良い求人を見つけたら素早く行動して内定をゲットしましょう!

工場ワークス

工場ワークスは工場関連の求人に特化した転職サイトで、何と言っても豊富な求人数が魅力です。(2019/8/11現在、28550件の求人があります)

「都道府県」×「人気の職種・特徴」×「給与形態」・「給与金額」で希望の仕事を検索できる「らくらく検索」を使えば自分の希望する仕事も見つけやすいです。
他にも条件に特化した求人の特集(寮付き、日勤のみ、フォークリフトを使うなどなど)もしているのでやりたい仕事や業務形態で探せます。

このように希望の求人を探しやすいので使い勝手が良い転職サイトと言えるでしょう。

会員登録をしておけばあなたにあった求人やスカウトのメールも届くので転職活動をより有利に進められるでしょう。

工場ワークスの公式HPはこちら!

工場求人ナビ

創業1971年の日総工産が運営する工場、製造業専門の転職サイトです。
2018年3月より東京証券取引所市場第一部に上場した製造派遣業でも数少ない上場企業です。
大手の求人を多数扱っていることが魅力的で、これから工場で働こうと思う人のために用語集などもあるので初心者にも親切な転職サイトと言えるでしょう。

実際に応募するには登録相談会へ出向く必要はありますが、登録すればアドバイザーと相談しながら転職活動を進められるのが強みです。
つまり転職サイトとしてはもとより、転職エージェント的な使い方もできます。

どこを見たらいいかわからない、という人はまずは工場求人ナビに登録しておくことをオススメします。

工場求人ナビの公式HPはこちら!

もっと有利に工場・製造業へ転職するなら転職エージェント!

1人で転職活動をするよりもエージェントと二人三脚で進めれば

  • 書類対策
  • 面接対策
  • 日程調整
  • 給与交渉

などなどを引き受けてくれるのであなたはより転職活動に集中できます。
特に登録しなければ見ることすらできない「非公開求人」でお宝求人にも巡り会えるでしょう。

書類・面接対策に定評のあるdodaで工場・製造業へ転職する!

いざ転職するとしても書類が通らなければ始まりません。
面接にたどり着いても付け焼き刃では通りません。

書類や面接に自信がないというのであればdodaはぜひ利用したい転職エージェントです。
転職成功者からも定評のある面接、書類対策を受ければライバルに差をつけられるでしょう。

dodaは転職エージェントの中でも業界2位の求人数を誇ります。
もちろん非公開求人も充実しているのであなたの希望に沿った求人が見つかる可能性は高いです。

何よりdodaで定評のある「履歴書、職務経歴書、面接の対策」を受ければ一人であれこれ考えながら進めるよりも効率よくより良い転職活動を進められます。
もちろん無料で利用できるので利用しない手はありません。

そして転職エージェントとしてだけでなく、普通の転職サイトとしての利用も可能です
エージェントを介する必要が無いと思えば、自分で求人を検索して応募することもできます。

転職エージェントとして、
または転職サイトとして、
どちらでも利用できるので使い勝手が良いでしょう。

dodaで希望にあった工場・製造業を紹介してもらう