工場勤務

工場に転職した結果どうだった?経験者に聞く良かったこと9選!

こんにちは!工場に転職して10年目のサトシです。

これから工場へ転職するのに不安がある人もいると思うので、実際に工場で働いている人たちの「工場に転職して良かった」というリアルな声を集めました!

経験者の声は「前職」→「現職(どんな工場で働いているか)」というように表示しています。

その業界ではどこも同じようなことが行われるとは限りませんが、「この業界だと○○なのかも」という参考になると思います。

それでは経験者のリアルな声を見ていきましょう。

【工場の求人なら工場求人ナビ!】

工場の仕事といっても千差万別。自分に合った工場の仕事を探したいなら工場求人ナビです。

工場求人ナビはコーディネーターがあなたに最適な仕事を探してくれるのが最大の特徴。

大量の求人から興味のある仕事を探すよりも効率的なので仕事が決まるのも早いです。

  • 一人で仕事を探すのが不安
  • ハズレの求人に会いたくない

といった人にも最適な求人サービスです。

大手メーカーの求人も多く、仕事が決まった後もサポートスタッフのフォローがあるのは、人材サービス業40年の実績を持つ日総工産ならではの強みです。

工場求人ナビで求人を探す→

工場勤務は楽すぎ?10年働いた結論は【人と仕事による】 【工場の求人を探すなら工場求人ナビ!】 理由は2つです。 工場専門求人サイトである コーディネーターが一緒にあ...

工場に転職して良かったことのアンケートを取ってみた

当サイトで独自に100名の工場経験者にアンケートを取ってみました。

私は金属加工の工場に勤めていますが、アンケートを取って仕事内容等を伺ってみると実に様々な工場がありますし、良かったことも人それぞれ色々とありました。

業界が違うと感じ方も違いますし、自分が気がつかないことにも気づかされます。

工場で働いている自分がとても参考になったので、もしあなたがこれから工場への転職を考えているのであれば尚更参考になることでしょう。

現在工場で就業中の方にも興味深いアンケートになっているので、ぜひ参考にしていただきたいです。

工場に転職して良かったこと

今回のアンケートで多かった上位3位の意見は

  1. 黙々と働ける
  2. 勤務時間
  3. 人間関係

となっています。

ここから見えてくることは、いかに前職でこれら3つのことで苦労していた人が多いのかということです。

仕事があれこれと忙しい人、長時間労働で悩んでいる人、人間関係が悪いといった環境で働いている人であれば新しい転職先として工場を選択肢に入れてみましょう。

逆にやりがいや福利厚生といった点が少ないことから、その点で工場に転職を考える人は少ないということが分かります。

以下は転職して良かったことの各項目の主な理由です。

【黙々と働ける】

  • やることのルーティンが決まっているの非常に楽
  • 誰かと関わることなく一つ作業に集中できる
  • コツコツ同じ作業をするのが得意なので向いている

【勤務時間】

  • 1日の生産量をクリアすれば定時で帰れる
  • 残業はあったが休憩時間はきっちりしている
  • 始業、終業時間がはっきりと決まっている

【人間関係】

  • 前職より人間関係が良好
  • 仕事が終われば先輩・同僚らと飲みに行くこともなくすぐ帰れる
  • 必要最低限の会話しかしないから楽

【給料】

  • 前職より休業が良い
  • 交替勤務があるから稼げる
  • 残業代がきっちり出る

【精神的に楽】

  • 前職がブラックだったので精神的に楽
  • お客様とのやり取りがないので楽
  • 人と接することが少ない

【休憩時間・休日】

  • 勤務時間はタイムカードでしっかり管理されている
  • GWや夏季・年末年始休暇が長い
  • 休み時間がしっかり設けられている

【運動になる】

  • 適度に体を動かせて運動になる
  • 体力も筋力もつく

【福利厚生】

  • 社内販売で安く購入できる

【やりがい】

  • 目の前で製品が出来上がることにやりがいがある
  • みんなで作業するのが楽しい

年代別

このように、今回のアンケートでは30代からの回答が一番多いという結果になりました。

もちろん若いうちに転職する方が有利なのはどの業界も同じなので20代のうちに決心して転職するのは十分にありです。

特筆すべきは40代、50代も工場に転職している事実です。

この年代になると中々転職するにも難しさはありますが、実際に転職を成功させている人がいるので不可能ではないことの証明でもあります。

一般転職サイトよりも、まずは工場求人ナビなどの工場系転職サイトで求人を探してみることをオススメします。

男女比

男女比は男性が約6割、女性が約4割という結果になりました。

工場というと「男の職場」というイメージが強いかもしれませんが、食品系の工場だと女性比率が多いところもあります。

もちろん女性でも自動車系の工場で就業している人もいますので、工場はあまり男女の性差は問われない仕事であると言えます。

今回のアンケートで男性と女性での上位4位の業種の違いは以下の通りになります。

男性女性
自動車食品
食品自動車
金属印刷
半導体電子

やはり女性は食品系の工場で就業が多いですが、男性でも就業している人は多いです。

そして女性でも自動車業界の工場で就業している人は多いという結果になりました。

確かに日本において自動車や食品系の工場は多いので、選択肢としては選びやすいですし、実際に求人も多いです。

ただし、日本は製造業が盛んな国でもありますし、地域によっても「この産業が強い」という都道府県もあり様々な工場があります。

つまり、工場の仕事は業界を選ぶ選択肢も多いので、自分の働いてみたい業界や、興味のある業界の仕事を探しやすいとも言えます。

 

では経験者の具体的な意見を見てみましょう。

工場に転職して良かったこと 1「黙々と働ける」

引っ越しドライバー→自動車部品工場
引っ越しドライバー→自動車部品工場
前職が力仕事で体力がいる仕事だったため、精神的にやられてしましました。
しかし、現職は自分のペースで仕事ができ、人見知りでもあるので自分の作業だけを淡々とこなしていけるこの仕事は性に合っています。

初めは工場勤務に誇りはありませんでしたが、今は自分の検査した車が街を走っていると考えると誇りに思います。

老人ホーム→自動車部品工場
老人ホーム→自動車部品工場
前職では直接的に人に触れて、喋ってが全てくらいに人間関係が生まれやすい環境でしたが、打って変わってこちらは物を相手に黙々と作業をすすめます。

チームワークを大きく発揮する場でもなく、個人個人で取り掛かる仕事も多く、社内の連絡事項を回すことも少ないです。

単調で地味な作業ですが、意外とやりがいもあり楽しいと思える側面もある仕事で良かったです。

飲食店キッチン→自動車工場
飲食店キッチン→自動車工場
飲食店は期間限定のメニューなどがあるので覚えるのが大変でしたが工場は仕事がほぼ同じなので1度覚えるとだいぶ楽です。

同じ事をコツコツとやるのが自分には向いていると思ったので、実は1度はやってみたい仕事でした。結果、工場での仕事は自分にすごく合っていたので良かったです。

例えばライン作業だと黙々と自分の仕事をこなすので、一つの作業をコツコツと取り組むのが好きな人には向いています。

これまでの複雑な仕事にもう疲れてしまった、というのであれば工場の仕事が合っているかもしれません。

ただし全部が全部黙々とこなす仕事ばかりではありません。忙しくてあちこち動く仕事もあります。

工場で黙々と仕事をしたいのであればよく調べて求人に応募しましょう。

工場に転職して良かったこと 2「勤務時間」

鉄道員→製紙メーカー生産部門
鉄道員→製紙メーカー生産部門
前職はタイムカードではなく残業も自己申告だったが、タイムカードによってしっかり残業管理されるようになりました。

また、前職では災害や事故対応等で予定外の仕事が入りましたが、工場は予定外の仕事が起こる可能性が低いです。

販売→食品工場
販売→食品工場
工場では他の従業員が多いことで、残業がないことが1番のメリットだと思います。

休憩なども機械を止めて従業員一斉にとっていたので、みんな平等で不満が出にくかったです。

スーパー鮮魚部門→金属熱加工
スーパー鮮魚部門→金属熱加工
今の職場は3交代制でのシフトなので、仕事が残ったとしても次のシフトの人に仕事を引き継ぐことで定時の時間で帰れています。

その結果、家族と過ごす時間が増えたことで家庭と仕事の両立をしやすくなったことは転職して良かったところです。

単調な仕事を繰り返すことも多いので工場は休憩時間がきっちりしています。

ちなみに私が働く工場では昼休みの他に、午前に5分・午後に10分の休憩時間があります。

残業等は業界や工場によりますが、交替勤務があるところは時間になると仕事を引き継ぐので残業はあまり発生しません。

工場に転職して良かったこと 3「人間関係」

スポーツジム清掃員→自動車エンジン製造
スポーツジム清掃員→自動車エンジン製造
前職は人と関わる業種だったので毎日ストレスで体調の不調が多かったので転職しました。

毎日単純な作業で刺激が無いのが残念ですが、前職のストレスがある環境と比べてマシだと思いながら作業をしています。

周りの同期や先輩も男性が多いですが基本的に飲みに行くことも無いので終業後は直ぐに帰宅できるのがいいですね。

保育士→食品工場
保育士→食品工場
保育園は女性ばかりの職場なので独特の上下関係があり人間関係に疲れましたが、転職してからは人間関係にも恵まれ業務時間外の仕事も無いので幸せです。

もともとお菓子作りが好きなので、お菓子を作る仕事に携われて毎日が楽しいです。

自動車ディーラーセールスマン→パン工場
自動車ディーラーセールスマン→パン工場
前職は顧客からのクレーム処理などにも時間がとられストレスがたまった。

それに対して工場勤務は確かに単調な仕事が長時間続くが、割り切って考えれば心身ともに楽。

勤務時間が長いものの、営業職場での対人関係のわずらわしさからも解放された。

仕事が単調でも前職からの人間関係のストレスから解放されるというのは大きいです。

人によっては濃密な人間関係の中でバリバリ働くのが向いている人もいますが、そうでない人がいるのも事実。

働く上で何に重きを置くかは人それぞれです。

工場の仕事に人間関係がほとんど無い訳ではありませんが、部署やラインによっては仕事中に余計な会話を必要としないこともあります。

人間関係に疲れたら工場の求人も視野に入れてみましょう。

工場に転職して良かったこと 4「給料」

食品会社製造→半導体工場
食品会社製造→半導体工場
夜間の交代勤務に務めると比較的混雑していない時間帯に出社が出来るから通勤時は楽。

夜間分の賃金もプラスされているから何の資格も持ってなくても他の業種と比べたら高い方だと思う。フォークリフトなどの資格があればもっと貰える。

飲食店→プラスチックフィルム工場
飲食店→プラスチックフィルム工場
基本給と昇給率はあまり高くありませんでしたが、交替勤務の為手当がかなりついた為満足できる金額ではありました。

ボーナスも年に2回ありましたが、合計で6.5ヶ月分受け取ってたため、初ボーナスでも50万円オーバーもらう事ができました。

書店員→自動車工場
書店員→自動車工場
体力や精神力を使う分、お給料をたくさんもらえます。具体的には私は3年目ですが月30万円いただいています。

またボーナスも50万円ほど出るので、お金をガツガツ稼ぎたい人にとっては良いのではないのかなと思います。

工場の仕事が稼げないということはありません。

資格を持っていれば資格手当が着く職場もありまし、資格取得にかかる費用は会社持ちというところもあります。

もし別の工場に転職するのであれば資格を持っていると大変有利なので、それを会社負担で取得できるというのは工場で働くメリットでもあります。

そして夜勤のある工場なら夜勤手当が付くので大きく収入を伸ばすことができます。

「稼ぐ」ことをメインに考えるなら夜勤のある工場を探すのがオススメです。

ただし、交替勤務はうまく睡眠が取れないこともあるので気をつけないと体調を崩すので注意が必要です。

工場に転職して良かったこと 5「精神的に楽」

現場監督→自動車工場
現場監督→自動車工場
前職では現場で職人にキツく当たられ更に建て主や近隣からのクレームにも対応しており時間がいくらあっても足りませんでした。

工場へ転職してからは身体的に辛い事はありますが精神的に辛い事は全く無く、責任の重さも比べ物にならないくらい減りました。

販売→食品工場(チョコレート製造)
販売→食品工場(チョコレート製造)
お客様と接する仕事ではないので精神的に気を使ってストレスが溜まりにくいです。

同じことの動作の繰り返しなので頭を使うことが少なく、私には向いていました。

食品工場なので美味しそうなお菓子に囲まれて作業することに幸せを感じてます。

営業事務→化粧品工場
営業事務→化粧品工場
前職は大工さんなどの現場の職人の人から電話で注文を受ける営業事務だったので、頑固な職人さんばかりでコミュニケーションを取ることが難しかった為ストレスでした。

今の化粧品製造の工場は比較的単純作業でお客様と直接やり取りするようなこともなく、精神的にも体力的にも楽です。

特に接客業や営業等で疲弊した人だと工場での仕事は精神的に楽と感じる人が多いようです。

もちろん工場の仕事は全くコミュニケーションがいらないということはありません。

むしろ仕事の連携を取る上ではたとえ工場の仕事であってもコミュニケーションは重要です。

しかし前職で何かしら精神的にすり減らすことがあったのであれば工場で黙々と物作りに励んでみませんか?

面倒だったりわずらわしい仕事よりもあなたに向いているかもしれません。

工場に転職して良かったこと 6「休み時間、休日」

保育士→食品工場
保育士→食品工場
一番のポイントは、体調を崩したときに休みが取得しやすいこと。

大人数で仕事をしているので、穴埋めができるのは魅力です。子育て中のママさんも当日欠勤しやすく働きやすい環境だと思います。

不動産営業→自動車工場
不動産営業→自動車工場
不動産営業という職業柄、お客様都合により何時に帰れるかわからないのが最大のデメリットでした。

しかし工場勤務に転職しますと、時間がきっちり決められているのが一番いい点でありました。

またGWや夏季休暇、年末年始のまとまった大型連休もある上に有給休暇も取りやすいのがとてもいい点です。

業界にもよりますが、連休中に取引先が休みだとそれに合わせてカレンダー通り休みになるところもあります。

ただし、そうでない業界もあるので注意が必要です。

例えば食品関連だと、スーパーやコンビニなどが開いていたらラインを止めるわけにはいかないので難しいかもしれません。

その場合は繁忙期以外なら有給は取りやすいかもしれません。

また、従業員数が多く大手の工場だと比較的有給も取りやすいので働きやすいでしょう。

工場に転職して良かったこと 7「運動になる」

ルート配送→食品工場(ふりかけ製造)
ルート配送→食品工場(ふりかけ製造)
作業着上下に帽子やマスク着用なので、動けばサウナスーツのように全身汗びっしょりになれ清々しいです。

立ち仕事や動いている事も多く、体力や筋力も自然につき痩せます。仕事をしながら運動ができ、痩せることのできる最高なお仕事でした。

書店員→自動車工場
書店員→自動車工場
体力と精神力がつきますね。

きつい仕事なので筋トレなどしなくても筋肉がムキムキでマッチョになりますしメンタルも強くなった気がします。

確かに体力は付きますね。

デスクワークなどと違って実際に体を動かしているので、そう言った意味では健康体かもしれません。

工場の仕事は必ずしもライン作業のような「じっとしている」仕事ばかりではなく、クレーンで荷物を運んだり重いものを持ち上げたりする仕事もあります。

結局体を動かすので運動になって体を鍛えられたりダイエットになったりすることも。

日常で運動不足を感じている人には案外ちょうどいい運動になるかもしれません。

工場に転職して良かったこと 8「福利厚生」

コンプレッサー基盤検査→食品工場(カップラーメン製造)
コンプレッサー基盤検査→食品工場(カップラーメン製造)
カップラーメンを製造する工場だったので昼食はカップラーメンが無料で食べられるので昼の食事代がかからないので、カップラーメンを飽きずに食べ続けさえいれば、出費を抑えられるのでお金が貯まりやすかったです。

そして、カップラーメンの食品工場だった事もあり社内販売でカップラーメンを安く買えるなどのメリットもありました。

公的機関データ入力→食品工場(弁当製造)
公的機関データ入力→食品工場(弁当製造)
食品を製造する工場なだけあり、福利厚生の一環として安く弁当類を購入できたり、余った材料類を格安で購入する事が出来ました。

食品関連の工場だとこのように安価で商品を購入できるというともあるようです。

生活する上で仕事をすることは避けられませんが「節約する」というのも重要です。

こういった役得を得られる点から求人を探すのもアリでしょう。

特に大手企業の工場だと福利厚生は手厚い傾向にあるので、より働きやすい環境となっています。

ただ「仕事して休憩して仕事して」というよりは

  • 休憩場所は綺麗
  • 食堂も安くて美味しい
  • 社割が効いて安く買える
  • 旅行や買い物で割引が利く

といった特典がある方がやる気も出ますし、結局職場の定着率が良いのです。

工場に転職して良かったこと 9「やりがい」

エンジニア→鉄鋼場
エンジニア→鉄鋼場
前の会社では事務所でパソコンの画面を前に作業を実施しており、やりがいは給料くらいでした。

工場に転職したことで目の前でものが出来ているため、やりがいの面では工場勤務になってからの方が大きかった。また、皆で協力して作業をするのが楽しいと感じました。

食品会社営業→電子部品工場
食品会社営業→電子部品工場
前職では会社からある程度のノルマがあり、お客様の都合で注文数などが減ったりした時には「自分の努力が報われないな」ともやもやしました。

今度は自分が頑張った分きちんと評価される職につきたいと思い、今の工場に入社しました。

一人に一台の機械が割り当てられ、私は金属の精密研磨を担当しています。

図面通りにミクロ単位で製品を仕上げていきますが、コツコツと集中して仕事ができるのが私の性格に合っているのでとてもやりがいがあります。

人によっては頭脳労働より肉体労働の方が向いている人もいます。

物作りが好きなのに事務仕事をしてると「息が詰まる、みたいなこともあるので、それなら目の前で製品を製造している仕事の方が断然やりがいがあるでしょう。

特に日常生活で自分が作ったものを目にすると少し誇らしげな気分になったりもします。

経験者に聞く工場に転職して良かったことのまとめ

  • 工場に転職してる世代で多いのは30代、20代
    →40代、50代でも転職成功させている例はある
  • 工場で働くのは男性の方が多いが、女性が多い工場もある(食品系)
    →日本は製造業が盛ん=様々な業界の工場があるので選択肢は多い

【工場に転職して良かった理由】

  • 黙々と働ける
    ・1つのことに集中できる、コツコツやることが向いている
  • 勤務時間
    ・勤務時間や勤怠管理がしっかりしている
  • 人間関係
    ・顧客等の対応が無く、仕事上の人間関係もいい意味で希薄
  • 給料
    ・交替勤務や資格手当があると稼げる
  • 精神的に楽
    ・前職より対人関係の悩みが少なくて楽
  • 休み時間、休日
    ・大型連休がある、人数が多いので休んでも融通が利く
  • 運動になる
    ・力仕事や動くこともあるので体力や筋力がつく
  • 福利厚生
    ・社内販売や社割で製品を安く購入できる
  • やりがい
    ・目の前で製品を作り上げることにやりがいを感じる

というわけで工場に転職して良かったことをまとめてみました。

前述しましたが、必ずしもどの工場でもこのように働けるわけではなく、業界などによって違いはあります。

しかし、転職して良かったと思っている人の多くは人間関係や仕事関連で満足しているようです。

人にはどうしても向き不向きというものがあります。

不向きな仕事でことで自分をすり減らして生きるよりも自分に向いている仕事をした方が人生は前向きになれます。

工場の仕事が気になったらまずは工場系の転職サイトに登録して求人を見るところから始めてみましょう。

工場・製造業の求人なら工場求人ナビ!

工場の仕事を探すならまずチェックすべきは工場専門求人サイトです。

通常の求人サイトと違って工場の求人のみが載っているので、働きたい工場をより詳しく検索できます。

また、良い求人は「早い者勝ち」でもあります。

掲載期限があるのでいつまでも求人サイトに載り続けるわけではありません。

良い求人を見つけたら素早く行動して内定をゲットしましょう!

工場求人ナビ

創業1971年の日総工産が運営する工場、製造業専門の転職サイトです。

大手の求人を多数扱っていることが魅力的で、これから工場で働こうと思う人のために用語集などもあるので初心者にも親切な転職サイトと言えるでしょう。

登録すればアドバイザーと相談しながら自分に最適な求人を探せるのが強みです。

  • 一人で求人を探すのが不安
  • 効率よく求人を探したい
  • 大手メーカーの仕事をしたい
  • 寮付き求人を探している
  • 期間工の仕事を探している
  • 就業した後もフォローが欲しい

といった人にはまさしく最適な求人サイトです。

特に「自分に合う工場の求人が分からない」という人こそ、失敗しないためにも工場求人ナビに登録しておくことをオススメします。

工場求人ナビの公式HPはこちら!

決定版!経験者100人に聞いた工場・製造業に向いてる人11選 「工場の仕事が向いていない人」はこちらからどうぞ。 https://go5factory.com/not-suited-f...
経験者100人に聞く「工場・製造業に向いてない人」9選!(向いてる人の特徴もあり) 【今とは違う仕事に未経験から挑戦するなら就職Shop】 就職Shopは「未経験者」を対象とした転職エージェントなので、学歴や職...
大卒で工場勤務が恥ずかしくない理由を、大卒で10年働く私が解説しますよ 【大卒でも工場の求人を探すなら工場ワークス!】 もしあなたが工場の仕事を考えているならまず最初にチェックするのは工場ワークスで...
コーディネーターと一緒に失敗しない工場求人を選ぶなら
工場求人ナビ
コーディネーターと最適な工場求人を探す!
工場求人ナビ