決定版!経験者100人に聞いた工場(製造業)勤務に向いてる人11選


こんにちは!工場に転職して10年目のサトシです。

工場の仕事をしたいと思っても自分に向いているか不安に思う人もいるのでは無いでしょうか?
そんな人のために工場勤務経験者100人に「工場の仕事に向いているのはこんな人」を聞いてより良い意見を厳選しました。

ここで挙げたもの全てに当てはまらなければ適性がない、というわけではありません。
工場の仕事と言っても規模や生産するものによって内容は様々なので色々な意見があります。
この中で少しでも自分に合いそうな意見があれば是非工場の仕事に挑戦してみてください。

工場に転職するなら見ておきたいのはこのサイト!

もっと有利に工場へ転職したいならこの転職エージェント!

「工場の仕事が向いていない人」はこちらからどうぞ。

「工場の仕事が向いている人」はこちらからどうぞ。 https://go5factory.com/suited-to-factory...

工場勤務に向いている人1 黙々と仕事に取り組める人

ゴルフ場キャディ→モーター製造

ゴルフ場キャディ→モーター製造
黙々と同じ場所でひたすら同じ作業をしていくことが苦でない方は工場は続けて行けると思います。
しかし、それが苦手な方は長く続けていくことは不可能なんじゃないかなと私は思います。私は接客業が苦手なので転職する時はいつも工場系を探してました。
家電量販店販売→家電製品製造(制御基板製造)

家電量販店販売→家電製品製造(制御基板製造)
この仕事はとにかく黙々とミスなく行うことを求められます。初めはとても気が遠くなる気持ちになりますが、慣れてくると無心で作業ができます。初めの気の遠くなる気持ちを乗り越えることができれば、あとは強いストレスもなく仕事をすることができます。
そのため、向いているのは黙々と仕事をすることができ、どちらかと言えば人と話さなくてもいいという人向けだと思います。
コンビニスタッフ→パン工場(成型ライン)

コンビニスタッフ→パン工場(成型ライン)
2時間ぶっ続けで同じ作業を苦も無くできるかどうかがまず向いている人の条件だと思います。単純作業は、どんなに手先が器用で才能があっても単純作業が30分もすると飽きてきて苦痛になってしまう人がどうしても一定数います。単純作業を長時間続けても平気で、しかもある程度忍耐力がある人がいいです。

一番多かった意見がこれですね。

人と向き合う仕事が向いている人もいれば、目の前の仕事を黙々とこなすことが向いている人もいます。
例えば接客業や営業職だったけど自分に合わなかった、辛さを感じていたという人は黙々と作業ができる工場の仕事は向いていると言えます。

同じことの繰り返しというのは慣れないうちは結構キツいかもしれません。
そこを乗り越えてしまうとこれまでの仕事よりも合っている事を感じられるでしょう。

ただし、どこの工場でも黙々と働けるとは限りません。
面接する時には具体的にどのように仕事を進めるかを確認しましょう。

工場勤務に向いている人2 責任感のある人

小売店商品管理→パチンコ台製造

小売店商品管理→パチンコ台製造
真面目に黙々と作業ができることと、周囲の仲間同士を助け合えることと、作業指示書に書かれている作業方法を守りつつ自分なりに作業の工夫が柔軟にできる人が向いています。
特にライン作業で、その日その日の生産量が異なる場合、生産量が増えても決められた時間内に作業を終えさせなければならないため、生産量に応じて柔軟な対応が求められます。
郵便局→金属プレス加工

郵便局→金属プレス加工
力仕事などので体力や身体能力も必要ですが自分の経験上、

「早く仕事をこなせるかどうか」
「きびきびとテキパキと動けるかどうか」

が重要視されると思います。
理由は簡単で、とにかく限られた時間の中で一個でも製品を多く作って貰わないと、会社の利益にならないからです。
これは業種や職種に限らず製造業ならば、どこの会社に行ってもまず確実に指摘される事です。

製造業のSE→電気製品製造

製造業のSE→電気製品製造
製造工程はルーチンワークが多くの時間を占めるので、黙々と作業が出来る人、仕事をどうすれば楽に出来るかを常日頃考えながら業務をこなせる人、長い時間ひとつの事に集中出来る人ですね。
そして製造工程に強い愛着を持っており、製品の品質を高いレベルで毎日維持するんだという強い意識を持っている人などが工場勤務に向いていると思います。

責任感は工場に限らずどの仕事でも必要です。

「黙々と仕事をしていれば良い」
「簡単だから適当に仕事をしても大丈夫」

それだけで工場の仕事は務まりません。

たとえ簡単でも「仕事は仕事」なので確実にこなさなければならないし、簡単にこなせるならミスや不具合はでなくて当たり前。
クオリティも求められるので簡単なことほど案外難しいという考え方もあります。

工場の仕事だからといって甘くみていると不具合の流出や事故などを起こす可能性もあります。

工場勤務に向いている人3 器用な人

金属加工(給湯器の組み立て、検査)

金属加工(給湯器の組み立て、検査)
工場では作業をする上での細かいルールややり方があるので手先を動かすのが得意な人が向いていると思います。
新聞配達員→製菓工場(チョコレート製造)

新聞配達員→製菓工場(チョコレート製造)
一日中の立ち作業になるので体力があることが第一だと思いますが、工程ごとに決まった手数の作業を確実にこなせすための手先の器用さも必須です。
細かい材料を扱ったりラベルの小さな文字を判別することもあるので一定以上の視力も必要でしょう。
環境事業分析検査→総合サービス事業(設備管理)

環境事業分析検査→総合サービス事業(設備管理)
淡々とした作業があったり人と向き合うよりも設備をはじめとした機械や工具を使用していくので技術的な視点に長けている人、手先が器用な人なんかが向いているかと思います。

手先が器用であることに越したことはありません。

機械の操作を覚えればマニュアル通りに操作していけばいいかもしれませんが、そうで無い職場もあります。
細かい作業が必要な職場ならやはり器用な人は実力を発揮できるでしょう。

これから応募している工場はどんな工場なのか、細かい作業が必要なのかどうかをしっかり下調べしてから応募しないと、不器用な人は思わぬ辛さを感じることになるかもしれません。

工場勤務に向いている人4 人付き合いが苦手な人

不動産事務→化粧品工場

不動産事務→化粧品工場
工場で働いている人は独特な人が多く、積極的に交流をはかろうとしてくる人もいないので、人と関わりたくない人にはおすすめです。
トラックドライバー→食品加工

トラックドライバー→食品加工
自分の職場は男性より女性が多いです。だから女性同士の悪口を聞くこともありますが、話しかけられてもあいまいな口調で聞き流しています。
人間関係がどこの職場でも一番大切なので、敵を作らない事がコツです。
ドラッグストア→コピー機製造

ドラッグストア→コピー機製造
多くの工場では、仕事中に人と話すことが少ないと思うので、人とあまり積極的に関わりたくないという人や、人付き合いが苦手だという人は向いていると思います。

営業職なら社内、社外で何かと人と関わることが多いです。
接客業なら愛想良くお客さんに対応しなければいけません。

黙々と生産するものに向かってひたすら作業するならあまり人と話すこともないので、人付き合いが苦手なコミュ障の人は向いているかもしれません。

ただし、どこの工場でも人間関係が希薄な訳ではありません。
最低限のコミュニケーションは必要になってくるので、積極的に話をするのが苦手な人はこれから働く工場がどんな内容なのかをよく確認しておきましょう。

工場勤務に向いている人5 コミュニケーションが上手く取れる人

カップ麺製造(出荷担当)→電話機製造

カップ麺製造(出荷担当)→電話機製造
工場にもよりますが、女性が多いところは女性との会話が苦にならない、男性が多いところは男性同士のくだらないおしゃべりに混ざれるような人です。工場の仕事でライン製造が多い会社だったので、人間関係がごちゃごちゃしてしまうと仕事に影響が出てしまいます。
派閥なども出来ていることが多いので、なるべく当たり障りの内容にふるまえる人は、向いていると思います。
金融会社(営業)→半導体工場(カメラレンズ製造)

金融会社(営業)→半導体工場(カメラレンズ製造)
一人でラインをすべてやるわけではないので他の仲間の仕事の様子を見たり話し合ったりしながら協力して作業する必要があるので協調性や最低限のコミュニケーション力も関わってくると思います。
スーパー店員→食品工場(弁当製造)

スーパー店員→食品工場(弁当製造)
部署のリーダー的立場になることが多く、時には数十人のアルバイトに指示を出すこともあります。
そのためリーダーシップ、行動力、コミュニケーション能力に長けている人が向いていると思います。

「人付き合いが苦手な人」と相反する意見ですが、集団の中では最低限のコミュニケーションは必要になってきます。
何より、一人だけで作業する訳でもないので上手く連携が取れなければミスや事故の元にもなります。

いずれ自分が指示を与える立場になった時も、コミュニケーションが上手く取れないと部下は上手く動いてくれません。

同僚と必要以上に関わらなければいけないことはありませんが、最低限挨拶くらいはしっかりしておきましょう。
それだけでも同僚と話しやすくなりますし仕事の連携も上手くいくようになります。

工場勤務に向いている人6 細かいことに気づける人

食品メーカー事務→食品原料メーカー(卵液製造)

食品メーカー事務→食品原料メーカー(卵液製造)
作業中に小さな事でも気になれば報告できる人ですね。
一つの作業に集中するだけではなく、周りの様子(危険物を扱う時など)を見える人や綺麗好きな人は不具合の発見もできると思うので重宝されると思います。
医療事務→自動車部品製造(検査)

医療事務→自動車部品製造(検査)
なにか変化点があった時にきちんと気付ける細やかさがあって、それを受け流すことなく上司に報告をすることや、同僚などへの周知徹底が大事です。どんな職種も同じでしょうが、社会人として「ほうれんそう」は確実にできる人がいいとおもいます。
建設会社事務→食品工場(納豆製造)

建設会社事務→食品工場(納豆製造)
目の前の作業を言われた通りにこなし、尚且つ周りの状況に合わせて臨機応変出来る人は向いています。

細かいことに気づくというのは意外と重要なことです。

不具合があったり機械から異音がするなどに気付ければ損害を出さずに済みます。
小さいことでも仕事上で気づきかあれば改善につながり、より仕事がしやすくなります。

細かいことに気づけるということはあなたの評価にもつながります。

工場勤務に向いている人7 体力のある人

電気工事会社事務→携帯電話部品製造

電気工事会社事務→携帯電話部品製造
まず、体が丈夫で、一日中立ちっぱなしでも耐えられる事が重要かと思います。また、工場の中は通気性が悪く、空気がこもっているので、汗だくになり、メイクも落ちてしまいますし、塗装などの汚れがつく事もあります。
あまり、人目を気にせず、身なりを気にしないでいられる方の方が良いかもしれません。タフな方、体力のある方の方が長続きすると思います。
スーパー店員→事務機器製造

スーパー店員→事務機器製造
工場環境にもよりますが、夏場の暑さ、冬場の寒さに耐えられる体力も必要です。
私も当初は構内の気温変化に体調を崩すことがよくありましたが、衣服や携行アイテムで対策をとっていました。
ドラッグストア→コンビニ弁当製造

ドラッグストア→コンビニ弁当製造
肩こり、腰痛を持っていない人がいいと思います。単純作業でずっと同じ動きをしていると想像以上に体に負担になります。

これも多い意見ですね。

初めて立ちっぱなしの仕事をすると思っている以上に疲れます。
夏や冬も暑さと寒さで体がかなりしんどいこともあります。

仕事をしていればある程度体は慣れてきますが、それでも最初から体力があるに越したことはありません。
何でもそうですが、「体が資本」です。

工場勤務に向いている人8 精神的に強い人

士業団体事務→お菓子製造

士業団体事務→お菓子製造
工場での作業は就業開始から終了まで単純作業を黙々とこなすことであり、常に同じテンポです。自分一人が気分が乗らなくなったり、嫌になったりしただけで仕事の能率が極端に悪くなります。
その結果周りに大変な迷惑をかけてしまうので、性格的に感情の起伏が激しくなく、同じことを繰り返すことが苦にならず、精神が安定している人が向いていると思います。
クリーニング工場

クリーニング工場
集中力のある人。
業種によっては私語のない職場もあるので沈黙か苦にならず黙々と仕事をこなせる人、同じ職場環境ゆえに人間関係が濃密になりやすい中でも溶け込めるか、スルーしてもされても折れない精神でコツコツとこなせる人に向いてると思います。
魚市場→給食、病院食用パン工場

魚市場→給食、病院食用パン工場
流れ作業だと他部署の出来次第で自分の部署の仕事の進み具合が変わることもあります。
なので自分の部署だけの作業だけでなく、例え他の部署が遅くてもイライラしない温和な人が向いています。

少しのことでは動じない人も工場の仕事には向いていますね。

特に工場で働いている人はクセの強い人もいます。
自分とは合わないような人もいるでしょう。
そういう人たちにいちいち腹を立てたり落ち込んでいたりすると、どんどん気が滅入ってきます。

同じ作業を繰り返すことにストレスを感じる人もいますが、それを苦にせず仕事ができる人も向いていますね。

ある程度図太い神経を持っている人なら工場の仕事もこなせるでしょう。

工場勤務に向いている人9 目標がある人

市場の配達→液晶機器製造、検査

市場の配達→液晶機器製造、検査
二つに分かれると思います。
まず何か目標がある人。例えば期間工はお金を貯める為にやる人が多いので向いていると思います。
次に熟練系です。何か技術がほしい人などは会社で資格を取らせてくれることもあります。
何か目標がありどういうものを作りたいか具体性のある人は向いていると思います。

明確に「○○をしたい」という人は最適ですね。
もちろん工場の仕事自体をしたいというのが一番向いていますが、「お金を貯めたい」「手に職をつけたい」というのも十分目標や目的になります。

特に資格を取得しておけば、

  • 今の工場の仕事が合わない
  • 倒産してしまった
  • リストラにあってしまった

としても、資格を活かして仕事を探せるので全く損が無いです。
今の世の中、何も資格を持たずに仕事を探すよりも資格がある方が断然有利です。

工場勤務に向いている人10 物作りが好きな人

パン工場勤務

パン工場勤務
工場はとにかく同じものを沢山作るので何かを作る事にやりがいを感じられる人にはお勧めの仕事だと思います。
作業は同じですが1個1個気持ちを込めて生産する事で楽しい職場になると思います。コツコツ取り組める人にはオススメです。
建築会社不動産部門→ネジ製造

建築会社不動産部門→ネジ製造
ものづくりが好きで、立ち仕事が多いので体力がある方が向いていると思います。
機械操作などは覚えなくてはならないので、好きな方だと楽しんで仕事ができると思います。

基本的なことかもしれませんね。

事務職や営業職などよりも、目の前で物を作ることにやりがいを感じる人は結構います。
机の上で何かをするよりも実際に体を動かしている方が性に合っている人も向いています。

目の前で作っていた物を街中で見かけたりすると「これ俺が作ったんだぜ」と結構いい気分になれます。
そういったところからも「やりがい」は生まれるものです。

工場勤務に向いている人11 規則を守れる人

食品製造→医療品製造

食品製造→医療品製造
基本的には事なかれ主義の人です。工場はマニュアルが存在していますので、勝手なことをしては困ります。なので、教えられたとおりにこなせる人が必要です。もちろん、指示待ち人間が良いというわけではありませんが、まずはマニュアルができた上で、何かをするといった基本を忠実に行える人が向いていると思います。

印刷会社営業→プラスチックフィルム加工

印刷会社営業→プラスチックフィルム加工
決められた手順をチェックしながらコツコツ進めてチェックリストが全部きちんと埋まったり、寸法がぴったり揃うなど完璧主義の人が向いています。
つまり確認手順や作業マニュアルなどを見たときに、考えるより先にまず決められたとおりにきちんと行動する人が向いています

食品会社研究開発→抹茶製造

食品会社研究開発→抹茶製造
クリエイティブに自ら考えて生み出すよりも、規則や作業手順を遵守し正確に行える人や、ルーティン作業を退屈に感じず楽しめる人です。

規則を守るということ、実はすごく大切なことです。
工場の仕事にはマニュアルがありその通りに仕事を進めるのが基本なのですが、手順が面倒だからと省略する人もたまにいます。

しかし規則や手順を省略するとそれが事故や怪我の元になるので非常に危険です。
面倒な手順は多いですが、面倒なのにはちゃんと理由があるので規則を守れる人は工場の仕事に向いています。

 

工場勤務に向いている人のまとめ

というわけで経験者に聞いた「工場の仕事に向いている人」をまとめてみました。

冒頭にも言いましたが、これら全てに当てはまる人でないと工場の仕事ができないわけではありません。
どれか一つでも適性があればあなたにだってできる可能性はいくらでもあります。

向いているかどうかも重要ですが、これから働きたいと思っている工場の仕事のことはよく調べましょう。

何を生産しているかは元より、どんな流れで仕事をしていくのかも重要です。
単に今の仕事がしんどいから工場で黙々と仕事したい、だけで工場の仕事に応募したらイメージと全然違う仕事内容だったら後悔しても遅いです。

可能なら面接後に見学させてもらうとより具体的に自分が仕事をしているイメージができますよ。

工場専門の転職サイトで仕事を探すならこのサイト!

「自分からどんどん工場への転職活動を進めたい」
「周りの意見に惑わされずじっくり吟味して工場に転職したい」

というあなたは工場特化型転職サイトで求人を見てみましょう。
通常の転職サイトと違って工場の求人のみが載っているので、働きたい工場をより詳しく検索できます。

また、良い求人は「早い者勝ち」でもあります。
掲載期限があるのでいつまでも求人サイトに載り続けるわけではありません。
良い求人を見つけたら素早く行動して内定をゲットしましょう!

工場求人ナビ

創業1971年の日総工産が運営する工場、製造業専門の転職サイトです。
2018年3月より東京証券取引所市場第一部に上場した製造派遣業でも数少ない上場企業です。
大手の求人を多数扱っていることが魅力的で、これから工場で働こうと思う人のために用語集などもあるので初心者にも親切な転職サイトと言えるでしょう。

実際に応募するには登録相談会へ出向く必要はありますが、登録すればアドバイザーと相談しながら転職活動を進められるのが強みです。
つまり転職サイトとしてはもとより、転職エージェント的な使い方もできます。

どこを見たらいいかわからない、という人はまずは工場求人ナビに登録しておくことをオススメします。

工場求人ナビの公式HPはこちら!

工場ワークス

工場ワークスは工場関連の求人に特化した転職サイトで、何と言っても豊富な求人数が魅力です。(2019/8/11現在、28550件の求人があります)

「都道府県」×「人気の職種・特徴」×「給与形態」・「給与金額」で希望の仕事を検索できる「らくらく検索」を使えば自分の希望する仕事も見つけやすいです。
他にも条件に特化した求人の特集(寮付き、日勤のみ、フォークリフトを使うなどなど)もしているのでやりたい仕事や業務形態で探せます。

このように希望の求人を探しやすいので使い勝手が良い転職サイトと言えるでしょう。

会員登録をしておけばあなたにあった求人やスカウトのメールも届くので転職活動をより有利に進められるでしょう。

工場ワークスのHPはこちら!

もっと有利に工場・製造業へ転職するなら転職エージェント!

1人で転職活動をするよりもエージェントと二人三脚で進めれば

  • 書類対策
  • 面接対策
  • 日程調整
  • 給与交渉

などなどを引き受けてくれるのであなたはより転職活動に集中できます。
特に登録しなければ見ることすらできない「非公開求人」でお宝求人にも巡り会えるでしょう。

書類・面接対策に定評のあるdodaで工場・製造業へ転職する!

いざ転職するとしても書類が通らなければ始まりません。
面接にたどり着いても付け焼き刃では通りません。

書類や面接に自信がないというのであればdodaはぜひ利用したい転職エージェントです。
転職成功者からも定評のある面接、書類対策を受ければライバルに差をつけられるでしょう。

dodaは転職エージェントの中でも業界2位の求人数を誇ります。
もちろん非公開求人も充実しているのであなたの希望に沿った求人が見つかる可能性は高いです。

何よりdodaで定評のある「履歴書、職務経歴書、面接の対策」を受ければ一人であれこれ考えながら進めるよりも効率よくより良い転職活動を進められます。
もちろん無料で利用できるので利用しない手はありません。

そして転職エージェントとしてだけでなく、普通の転職サイトとしての利用も可能です
エージェントを介する必要が無いと思えば、自分で求人を検索して応募することもできます。

転職エージェントとして、
または転職サイトとして、
どちらでも利用できるので使い勝手が良いでしょう。

dodaで希望にあった工場・製造業を紹介してもらう