工場勤務

【実は違う】工場勤務は底辺なのか、10年働く私が解説しますよ

こんにちは!工場に転職して10年目のサトシです。

工場の仕事というと学が無くても誰でもできる仕事と思われがちで「底辺の仕事」と思われることも多いです。
実際、そういう面もありますが、必ずしも工場の仕事全部が底辺というわけではありません。

働く工場を上手く選べば底辺どころか工場以外の仕事よりも働きやすい仕事かもしれません。
ここでは底辺と思われる理由、底辺ではない理由などを紹介していきましょう。

工場に転職するなら見ておきたいのはこのサイト!

もっと有利に工場へ転職したいならこの転職エージェント!

【工場へ転職するならまずはこの3サイトを要チェック!】

  1. 工場ワークス
    国内最大級の求人数!検索の使い勝手も良いのでまずはこちら!
    工場にまつわる様々な情報量も国内最大級
  2. 工場求人ナビ
    アドバイザーに相談しながら仕事探しが可能!
    どんな工場が良いか悩んでいるなら利用してみましょう
  3. doda
    アドバイザーは1人につき2人付いてくれてサポート抜群!
    転職相談、求人紹介から履歴書&職務経歴書対策、面接対策、日程調整などのサポートを受けながら転職活動しましょう
    転職エージェント、転職サイトの両づかいも可能です

結論:周りで思われているほど底辺ではありません

結局は個人の気の持ちようです。

実際に働いているあなたが底辺と思えば底辺だし、底辺と思わなければ底辺ではありません。

工場の仕事を笑っている人からすると、作業着を着て肉体労働で汚れるような仕事をしている人は無能と見られるようです。

「もっと違う仕事があるのになんでその仕事www?、あ、頭悪いんっすねwww」

と思ってるっぽいです。
自分で書いておきながら結構辛いものがありますが、でも周りはそう思ってるっぽいですよね?
でも工場以外の仕事でもしんどいことはいっぱいありますけどね。

  • 激務で残業は普通
  • 帰りは終電間際
  • 休日出勤も当たり前
  • パワハラ上司はデフォ
  • 客先と上手くいかない
  • クレーマーに悩まされる
  • 仕事で芽が出ない
  • やりたい仕事と違うことをやらされている

工場の仕事を笑っている人が職場でこんなことでストレスを貯めてることもあります。
頭も良くていい会社に勤めているのに心身共に限界な職場とか、こちらからすると可哀想に思えてきます。
そんなブラックな仕事と比べたら工場の仕事の方がマシなことが多いんですけどね。

それに、世の中にはニートというもっと底辺な存在がいますが、それでも工場で働いてお金を稼いでいるだけで大したのではないですか?
あまり卑屈になるとさらに惨めになるので気にしないほうがいいと思います。
バカにしてくる人には

「だから何?」

くらいに思っておきましょう。
それでは工場勤務が底辺と思われている理由と、底辺ではない理由を解説していきます。

工場勤務が底辺と言われる理由

学歴が低い

工場で働く人は高卒や中卒などの人もいるので誰でもできる仕事と思われている。

誰もが認める一流企業などは学歴や経歴がそれなりでないと入社できないことは皆さんも承知しているでしょう。
しかし、それに比べたら工場の仕事は割と「誰でもできる」ところがあるので学歴や経歴はあまり問われません。

だから実際に学歴の低い人たちが働いているのは事実です。
学歴の低さである程度の人間性もわかることも事実です。

タメ口だったり喫煙率が高かったりギャンブル好きだったりヤンキー上がりだったり、大体わかりやすい人たちが多いのも事実です。
そういった人たちが集まる職場はある程度「お察し」みたいなこともあるでしょう。

ただし、私のように大卒で工場で働いている人もいます。
ある意味経歴は様々なので必ずしも「学歴が低い人しかいない」わけではありません。
もちろん学歴が低くてもまともな人も働いていますよ。

3Kである

工場の仕事はキツイ、汚い、危険の3Kであることが多いので底辺仕事と思われがちです。

肉体労働がメインなのでどうしてもキツイ面はあります。
生産する製品によっては機械油等で作業着や手が汚れることもあります。
機械を扱うので操作を誤ったり手順を間違うと怪我をしたり最悪死亡事故になることもあります。

そういった職場よりも事務所内でパソコンや書類や電話を使って仕事をしている方が肉体的な負担は少ないので、「底辺がやる仕事」と思われがちです。

ただし、3Kの工場ばかりではありません。
いわゆる「5S」がしっかりして安全な工場も多いですし、製造するものによっては汚れない綺麗な工場もあります。

単純作業・誰でもできる

複雑でない誰でもできる仕事は高い経歴がいらないので底辺な仕事と思われがち。

確かに特別なスキルや資格が無いとできない仕事はあります。
それほど特殊では無くても基本的なITスキルやパソコンが使える方が職種を選ぶ幅が広がるのでより良い仕事に就きやすいです。

それに比べてしまえば「誰でもできる」と思われている工場の仕事は底辺と思われても仕方がありません。

ただし、単純作業というのは誰でもできるかもしれませんが集中力を保つのは案外難しいのも事実。
簡単な仕事と甘く見ていると集中が切れて不良品を出してしまうので、やったことない人からすると思ったより難しい仕事です。

年収が低い

一般に工場の仕事というのは給与が低いと思われているので底辺だと思われています。

学歴はそれほど関係ない、誰でもできそうな仕事、とくれば給与が安い=年収も低いと思われるのは仕方がありません。
極端な話をすれば特殊な国家資格がある仕事(弁護士や医師など)や世界を股にかけるビジネスマンの方が年収は高いです。

そういった仕事に比べたら年収は低いし、そうでなくても工場の仕事よりも年収の高い仕事はあります。
肉体労働をして疲れた割にもらえる給与はこれくらいか、と思うこともあるでしょう。

ただし、一概に給与の低い工場ばかりではありません。

製造業の年収というのは日本の平均からすると決して低いものではありません。
夜勤や2交代、3交代がある、残業のある工場は手当がつくので稼げますし、資格を取れば手当がつく工場もあります。
基本給が高い工場もあるので、年収が低いというのが当てはまらないこともあります。

人間関係が悪い

コミュ障がいたり体育会系だったりおばちゃんが面倒だったりというイメージがるので底辺と思われることもあります。

よくあるイメージだと

  • 体育会系、ヤンキー上がり
  • コミュ障が働きやすい

というのがあります。

確かに頭脳労働より肉体労働が向いている人やヤンキー上がりもいます。
黙々と仕事をする工場はコミュニケーションが足りなくなるともあります。

そいういう人たちと合わないなら人間関係を良くする事は難しいということもあります。

それだけならまだしも、仲の悪い人が多いとか変に派閥があったりすることもあるでしょう。
おばちゃん作業員が面倒で働きづらいということもあり得ます。

ただし、人間関係が完璧に良い職場という方がレアかもしれません。

  • 無口(おとなしい)で何考えてるかよく分からない
  • 仲の悪い人がいて雰囲気が悪い
  • 派閥がある
  • おばちゃん(お局)が面倒

というのは工場に限らず他の職場でも十分あり得る話です。
集団の中にあって人と人の間に何かしらのわだかまりがあるのは自然な話で、工場だから人間関係が必ずしも悪いというわけではないのです。

工場勤務が底辺ではない理由

勤務時間が一定、休日がしっかりある

工場によっては定時で終業したり土日や連休がしっかり取れるところはあります。

繁忙期などがあれば残業等がある工場はありますが、勤務時間が一定な工場は結構あります。
また、他の仕事と違って終わらない仕事を家に持ち帰ってまでやるということはあり得ません。

ちなみに私の工場では祝祭日は仕事ですが土日は休みですし、GW、盆休み、正月休みは長めに設定されています。(8日〜9日)

製造するものによって変わりますが、プライベートを大切にしたい人なら休日がしっかりある工場を探しましょう。
仕事とプライベートをきっちり分けた充実した人生を送れるはずです。

3Kではない工場もある

全ての工場にキツイ、汚い、危険が当てはまるわけではありません。

大抵の人がイメージする工場の仕事は

  • 肉体労働
  • 汚れる
  • 工具や機械を扱う

といったものでしょう。
例えば金属加工、部品加工といった工場だと3Kが当てはまることも多いのでそれは正しいイメージです。
しかし製造するものによってはそれらに当てはまらないことは多々あります。

例えば半導体製造の工場は冷暖房完備だし皆さんが想像する汚れと油にまみれた、というものとは無縁でしょう。

そうでなくても大抵の工場では「5S」(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)が取り入れられているので、汚れることはあっても常に作業環境を整えることが重視されています。

資格が取れる

工場で働くにあたって必要な資格は会社持ちで資格を取得できます。

  • 学歴が無くても誰でもできる仕事

と思われているしその通りなこともありますが、実際の作業では資格が無いとできない仕事もあります。
例えば、

  • フォークリフト
  • クレーン作業
  • 溶接
  • 危険物取扱

といったものですね。
もちろん資格が無くても働くことはできますが、資格を取得すれば

  • 資格手当がもらえる
  • できる仕事が増える→評価が上がる

ということがあるので悪いことは何一つありません。

その資格を持っていたら他の職種に就いても潰しが効くとまではいきませんが、もし今の工場に何らかの不満があるなら別の工場へ転職するのに非常に有利です。

日本経済を支える重要な仕事です

工場の仕事=ものづくりの仕事は日本という国を支えています。

確かに工場勤務よりも営業などの仕事の方が給料が高かったり上に見られたりもするでしょう。
しかし工場勤務以外の仕事だけで世の中は回るでしょうか?回りません。

そういった仕事に就いてる人達、または工場の仕事を分かっていない人達は工場を底辺の仕事とバカにしがちですが、そういう時は

「だったらお前がやってみろ」

と心の中で思ってください。(本当に言うとトラブルになりますよ)
製品を工場で生産しなかったら何も世の中に供給できないのですから。

というよりも工場の仕事も、営業もその他事務職も他の職業も、持ちつ持たれつで世の中が回っているのです。
だからどれか一方をバカにするというのは本来あってはならない事です。

大企業で働ける

たとえ学歴が低くても誰もが知っている企業の工場でなら働くことは可能です。

普通に大企業へ入社するのは難しくても、工場なら入社できるハードルは下がるので大企業が持つ恩恵を受けやすいです。

実際に大企業の本社で働くというわけではありませんが、その企業の工場で働けるということにメリットは多いです。

  • 単純に給料が高い
  • 福利厚生が良い
  • 自慢できる(笑)

名前の知らない中小企業の工場にも良い工場、働きやすい工場というのはあります。
しかし大企業の持つ資金力はいかに働きやすい職場を作るかに長けているところがポイントです。

仕事はそれなりにハードでも給料が高ければそれなりに満足はできます。
給料以外でも働きやすい制度が整っていれば安心して働けます。
工場勤務が恥ずかしくても、例えば「トヨタで働いている」と言えば何となくマシではないすか?

工場の給料が低ければ副業という手もある

とはいえ他の仕事と比べて給与の低い工場も当然あります。
低いのは仕方のないことかもしれませんが、そこに文句を言って何も行動しなければ何も変わりません。

給料を上げるには

  • 仕事で結果を出す
  • 転職する

の2つがよくある回答ですが、そうでなくても稼ぐ手段が副業です。

特に勤務時間が一定、休日がしっかりある工場なら副業で稼ぐチャンスです。
自分の使える時間が多いということはかなりのメリットです。
これが激務で夜中まで会社で残業している人なら副業に当てる時間もありません。

副業をすれば「工場の給料+副業の儲け」で自分の年代の平均月収を超えることも可能です。

仕事が終わった後にアルバイトをするのも悪くはないですが、さすがに疲れるので他の副業がいいですね。例えば、

  • アフィリエイト
  • フリマアプリ
  • せどり
  • ポイ活
  • 投資(つみたてNISAなどの長期投資)

といったものがオススメです。
最初はあまり儲けは出ないかもしれませんが、軌道に乗ったら月収以上を稼げるものもあります。
しかも初期投資はほとんどかからないことも魅力的。
肉体的な負担もほとんどありません。(←大きなポイント)

副業をするのが面倒くさいという人はより良い工場、または別の職種への転職がいいでしょう。
転職はあなたの人生をより良くするための行動で、自分のキャリアをアップさせていくことは何も悪いことではありません。

工場は勤務は底辺?のまとめ

  • 底辺かどうかは結局気の持ちよう
    ・仕事をしてお金を稼ぐだけで大したものです
    ・バカにする人は「だから何?」くらいに思っておく
  • 底辺と思われる理由は
    ・学歴が低い人が多い
    ・3Kな職場
    ・単純作業
    ・年収が低い
    ・人間関係が悪い
  • 底辺ではない理由は
    ・休日が多い
    ・3Kではない工場も多い
    ・資格が取れる
    ・日本経済を支える重要な仕事
    ・大企業で働ける
  • 給料が低ければ副業する
    ・特に勤務時間が一定、しっかり休日がある工場ならチャンス
    ・副業次第で同世代の平均以上に稼ぐことも可能

というわけで工場が底辺なのかを紹介してきました。

全ての工場で紹介した恩恵を受けられるわけではありませんが、ちゃんと選べばあなたが働きやすい工場は確実にあります。
つまり、周りがたとえ「工場勤務=底辺」と思っていても、満足して働いていれば全くもって底辺ではありません。

それでも底辺とバカにしてくる人は無視しましょう。相手にするだけ時間の無駄です。

あなたはあなたが満足して働けたらそれで大丈夫です。
まずは↓のサイトからあなたに合った工場を探しましょう!

工場・製造業に転職したいなら使うべき転職サイトはこっち!

「自分からどんどん工場への転職活動を進めたい」
「周りの意見に惑わされずじっくり吟味して工場に転職したい」

というあなたは工場特化型転職サイトで求人を見てみましょう。
通常の転職サイトと違って工場の求人のみが載っているので、働きたい工場をより詳しく検索できます。

また、良い求人は「早い者勝ち」でもあります。
掲載期限があるのでいつまでも求人サイトに載り続けるわけではありません。
良い求人を見つけたら素早く行動して内定をゲットしましょう!

工場ワークス

工場ワークスは工場関連の求人に特化した転職サイトで、何と言っても豊富な求人数が魅力です。(2021/8/01現在、20,826件の求人があります)

「都道府県」×「人気の職種・特徴」×「給与形態」・「給与金額」で希望の仕事を検索できる「らくらく検索」を使えば自分の希望する仕事も見つけやすいです。
他にも条件に特化した求人の特集(寮付き、日勤のみ、フォークリフトを使うなどなど)もしているのでやりたい仕事や業務形態で探せます。

このように希望の求人を探しやすいので使い勝手が良い転職サイトと言えるでしょう。

会員登録をしておけばあなたにあった求人やスカウトのメールも届くので転職活動をより有利に進められるでしょう。

工場ワークスの公式HPはこちら!

工場求人ナビ

創業1971年の日総工産が運営する工場、製造業専門の転職サイトです。
2018年3月より東京証券取引所市場第一部に上場した製造派遣業でも数少ない上場企業です。
大手の求人を多数扱っていることが魅力的で、これから工場で働こうと思う人のために用語集などもあるので初心者にも親切な転職サイトと言えるでしょう。

実際に応募するには登録相談会へ出向く必要はありますが、登録すればアドバイザーと相談しながら転職活動を進められるのが強みです。
つまり転職サイトとしてはもとより、転職エージェント的な使い方もできます。

どこを見たらいいかわからない、という人はまずは工場求人ナビに登録しておくことをオススメします。

工場求人ナビの公式HPはこちら!

もっと有利に工場・製造業へ転職するなら転職エージェント!

1人で転職活動をするよりもエージェントと二人三脚で進めれば

  • 書類対策
  • 面接対策
  • 日程調整
  • 給与交渉

などなどを引き受けてくれるのであなたはより転職活動に集中できます。
特に登録しなければ見ることすらできない「非公開求人」でお宝求人にも巡り会えるでしょう。

書類・面接対策に定評のあるdodaで工場・製造業へ転職する!

いざ転職するとしても書類が通らなければ始まりません。
面接にたどり着いても付け焼き刃では通りません。

書類や面接に自信がないというのであればdodaはぜひ利用したい転職エージェントです。
転職成功者からも定評のある面接、書類対策を受ければライバルに差をつけられるでしょう。

dodaは転職エージェントの中でも業界2位の求人数を誇ります。
もちろん非公開求人も充実しているのであなたの希望に沿った求人が見つかる可能性は高いです。

何よりdodaで定評のある「履歴書、職務経歴書、面接の対策」を受ければ一人であれこれ考えながら進めるよりも効率よくより良い転職活動を進められます。
もちろん無料で利用できるので利用しない手はありません。

そして転職エージェントとしてだけでなく、普通の転職サイトとしての利用も可能です
エージェントを介する必要が無いと思えば、自分で求人を検索して応募することもできます。

転職エージェントとして、
または転職サイトとして、
どちらでも利用できるので使い勝手が良いでしょう。

dodaで希望にあった工場・製造業を紹介してもらう

 

工場の求人数なら日本最大級!工場ワークスのチェックはしていますか?
無料登録はコチラ
工場の求人数は日本最大級!
工場ワークス