工場勤務

ぶっちゃけ工場の年収・給料は安い?高い?平均額はこれくらい!

こんにちは!工場に転職して10年目のサトシです。

どんな仕事でも給料がどれくらいもらえるのかというのは気になるところですし重要なことです。
工場で働くに当たってどれくらい稼げるのか、年収はどれくらいになるのかはやっぱり気になりますよね。

そこで国が発表しているデータから工場勤務では平均してどれくらいの年収・給料になるのかをまとめました。

工場に転職するなら見ておきたいのはこのサイト!

もっと有利に工場へ転職したいならこの転職エージェント!

※工場の給料を上げる方法を知りたい方はこちら!

工場の給料は上がらない?給料が安い理由と上げる方法5選! なぜ工場の給料が低いのか? もちろん給料の良い工場もありますし、国のデータでは以下のようになっています。 【製造業の平均年収...

まずは工場(製造業)と他業種の年収を比較してみよう

そもそも工場(製造業)の年収って他と比べてどうなのか?ここが気になる人もいると思います。
国が発表した「令和2年分民間給与実態統計調査」によると、各業界の平均年収は以下の通りになります。

産業1年を通じた1人あたりの平均給与
電気・ガス・熱供給・水道業715万円
金融業,保険業630万円
情報通信業611万円
建設業509万円
学術研究、専門技術サービス業、
教育学習支援業
503万円
製造業501万円
複合サービス事業452万円
運輸業、郵便業444万円
不動産業、物品賃貸業423万円
医療、福祉397万円
卸売業、小売業372万円

令和2年分民間給与実態統計調査より

このように、製造業全体で見ると劇的に稼げるわけではないけど意外と平均年収は悪くないことがわかります。

ただし、製造業といっても工場で実際に働くだけでなく営業や事務などの仕事も含まれます。

そして業界、企業規模、地域によってもある程度給与は変わるので、必ずしもこれだけの年収が貰えるというわけではありませんのでご注意を。

とはいえ、工場(製造業)の年収は他の業界の年収と比べてもでけっして悪い訳ではありません。

むしろ「製造業って思ったほど年収悪くないな」と思った人も多いのではないでしょうか?

工場(製造業)の世代別の年収ってどれくらい?

「令和元年賃金構造基本統計調査」で発表された数値から当サイトで独自に年代別に年収を計算してみました。

20代約343万円
30代約468万円
40代約554万円
50代約612万円

上記の世代別給料は令和2年賃金構造基本統計調査より、
「年齢階級別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額」から、

  • 企業規模別
  • 年代別(男女計 学歴計)

で平均を出しました。

ここでは1,000円以下は切り捨てていますが、概ねこのような数値になります。

もちろん年収は多いに越したことはありませんが、20代〜50代まで見てもそれほど悪くない数値です。

このことから、工場(製造業)で働いていても生活に十分な給与をもらえることが分かります。

工場(製造業)の年齢別の給料(月給)はどれくらい?

厚生労働省が発表したデータによると以下のようになります。

(単位:千円)

〜19歳182.5172.3
20〜24歳203.1187.3
25〜29歳238.4205.6
30〜34歳271.3215.3
35〜39歳306.9224.1
40〜44歳337.4232.1
45〜49歳369.7239.9
50〜54歳405.8236.0
55〜59歳410.2225.3
60〜64歳277.0185.8
65〜69歳244.3177.4
70歳〜234.5179.0

出典:令和元年賃金構造基本統計調査の「産業別」データより抜粋

こちらも地域や企業規模によって変わってきますが、これを見ると順調に給与が上がっていくのが分かります。

55〜59歳までにピークを迎え、この時点で月給40万円ほどもらえることが分かりますね。

数字だけ見ると若いうちはそれほど給与が多くないように見えますが、工場勤務のメリットは働ける資格が取得できることです。

極端な話をすれば、資格さえあれば工場での働き口には困らないということになります。

資格があるということは、たとえ年齢を重ねても有利であることに変わりはありません。

定年以降も再雇用のある職場であればそのまま働けますし、派遣社員としても働き口はあります。

「働きたくても働けない」ということを極力減らすことができます。

それは転職活動でライバルとの差をつけることにもなります。

各業界の正社員と正社員以外の給料の違い

工場関連の求人は派遣や契約社員などの非正規雇用が多いですが、実際どれくらいの給料の差があるのか?

補足的なデータではありますが、業界別で正社員と正社員以外の給料を比べてみました。

(単位:千円)

正社員正社員以外
建設業338.5267.8
製造業311.4200.8
情報通信業383.4279.9
運輸業、郵便業292.1201.9
卸売業、小売業338.8201.8
金融業、保険業377.3236.4
学術研究、専門・技術サービス業397.4299.4
宿泊業、飲食サービス業270.1190.0
生活関連サービス業、娯楽業288.9195.6
教育、学術支援業406.8246.5
医療、福祉295.9207.1
サービス業(他に分類されないもの)291.4206.4

出典:令和元年賃金構造基本統計調査の「雇用形態別」から抜粋

上記データは全体(年齢、男女、企業規模など)の平均値ではありますが、どの業界でもやはり正社員と非正社員の給料はかなり差があります。

製造業で見ても正社員は給料30万円ほどに対して正社員以外だと20万円と、その差は10万円も付いてしまいます。

中には非正規雇用の方が都合の良い人もいるので必ずしもその働き方は否定できません。

しかし非正規雇用の働き方を長く続けるといわゆる「ワーキングプア」の状態になってしまいます。

とはいえ今の世の中では正社員の求人に応募しても狭き門であることも事実です。

「正社員登用あり」の求人や紹介予定派遣の求人から正社員への道を目指す方法もあります。

正社員を一度も経験していなくても利用できる転職エージェントもあるので、正社員への道を考えたら利用してみましょう。

ぶっちゃけ工場の給料・年収は安い?高い?のまとめ

  • 工場(製造業)の平均年収は約520万円、全業界で4位
  • 工場(製造業)の世代別年収は
    20代:約343万円
    30代:約468万円
    40代:約554万円
    50代:約612万円
  • 工場(製造業)の給料は順調に推移していき55〜59歳で月給約40万円
  • 工場(製造業)の正社員と正社員以外では給料に約10万円ほどの差がつく

求人情報には年収や給料のことが載っているとはいえ実際はどうなのか?気になっていた人もいるかと思います。

国が発表しているデータはもっと細分化されていますが、今回は分かりやすくまとめてみました。

あくまでも平均値なのでこれより低くなる可能性も十分にあり得ますし、もちろん高い可能性もあります。

だから必ずしもここで紹介した年収や給料になるとは言い切れません。

しかし、平均値を見る限り特別工場の仕事は「特別給料が高いわけではないけれど、それほど悪いわけでもない」といったところでしょう。

年収や給料の平均値が低ければ働くことを躊躇する人もいるかもしれませんが、これなら「やってみようかな?」という気になるのではないでしょうか。

これらのデータは工場の仕事でも十分な収入を得られるという裏付けになります。

だから未経験でも工場の仕事に挑戦するのは十分にありです。

早速↓から求人を探してみましょう!

工場・製造業に転職したいなら使うべき転職サイトはこっち!

「自分からどんどん工場への転職活動を進めたい」
「周りの意見に惑わされずじっくり吟味して工場に転職したい」

というあなたは工場特化型転職サイトで求人を見てみましょう。
通常の転職サイトと違って工場の求人のみが載っているので、働きたい工場をより詳しく検索できます。

また、良い求人は「早い者勝ち」でもあります。
掲載期限があるのでいつまでも求人サイトに載り続けるわけではありません。
良い求人を見つけたら素早く行動して内定をゲットしましょう!

工場ワークス

工場ワークスは工場関連の求人に特化した転職サイトで、何と言っても豊富な求人数が魅力です。(2022/2/13現在、30,370件の求人があります)

「都道府県」×「人気の職種・特徴」×「給与形態」・「給与金額」で希望の仕事を検索できる「らくらく検索」を使えば自分の希望する仕事も見つけやすいです。
他にも条件に特化した求人の特集(寮付き、日勤のみ、フォークリフトを使うなどなど)もしているのでやりたい仕事や業務形態で探せます。

このように希望の求人を探しやすいので使い勝手が良い転職サイトと言えるでしょう。

会員登録をしておけばあなたにあった求人やスカウトのメールも届くので転職活動をより有利に進められるでしょう。

工場ワークスの公式HPはこちら!

工場求人ナビ

創業1971年の日総工産が運営する工場、製造業専門の転職サイトです。
2018年3月より東京証券取引所市場第一部に上場した製造派遣業でも数少ない上場企業です。
大手の求人を多数扱っていることが魅力的で、これから工場で働こうと思う人のために用語集などもあるので初心者にも親切な転職サイトと言えるでしょう。

実際に応募するには登録相談会へ出向く必要はありますが、登録すればアドバイザーと相談しながら転職活動を進められるのが強みです。
つまり転職サイトとしてはもとより、転職エージェント的な使い方もできます。

どこを見たらいいかわからない、という人はまずは工場求人ナビに登録しておくことをオススメします。

工場求人ナビの公式HPはこちら!

もっと有利に工場・製造業へ転職するなら転職エージェント!

1人で転職活動をするよりもエージェントと二人三脚で進めれば

  • 書類対策
  • 面接対策
  • 日程調整
  • 給与交渉

などなどを引き受けてくれるのであなたはより転職活動に集中できます。
特に登録しなければ見ることすらできない「非公開求人」でお宝求人にも巡り会えるでしょう。

書類・面接対策に定評のあるdodaで工場・製造業へ転職する!

いざ転職するとしても書類が通らなければ始まりません。
面接にたどり着いても付け焼き刃では通りません。

書類や面接に自信がないというのであればdodaはぜひ利用したい転職エージェントです。
転職成功者からも定評のある面接、書類対策を受ければライバルに差をつけられるでしょう。

dodaは転職エージェントの中でも業界2位の求人数を誇ります。
もちろん非公開求人も充実しているのであなたの希望に沿った求人が見つかる可能性は高いです。

何よりdodaで定評のある「履歴書、職務経歴書、面接の対策」を受ければ一人であれこれ考えながら進めるよりも効率よくより良い転職活動を進められます。
もちろん無料で利用できるので利用しない手はありません。

そして転職エージェントとしてだけでなく、普通の転職サイトとしての利用も可能です
エージェントを介する必要が無いと思えば、自分で求人を検索して応募することもできます。

転職エージェントとして、
または転職サイトとして、
どちらでも利用できるので使い勝手が良いでしょう。

dodaで希望にあった工場・製造業を紹介してもらう

大卒で工場勤務が恥ずかしくない理由を、大卒で10年働く私が解説しますよ 【工場の求人なら工場ワークス!】 もしあなたが工場の仕事を考えているならまず最初にチェックするのは工場ワークスです。 求...
工場の求人数なら日本最大級!工場ワークスのチェックはしていますか?
無料登録はコチラ
工場の求人数は日本最大級!
工場ワークス