工場勤務 PR

工場勤務は茶髪もピアスもヒゲもOK?外見に関する疑問をお答えします

工場勤務で茶髪、ピアス、ヒゲはOK?外見について解説
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
こんにちは!工場に転職して10年目のサトシです。

工場の仕事は他の仕事と違って外見の規定がゆるいことが多いです。

安全面や品質が確保できないような外見はさすがにNGですが、お堅い仕事や営業や販売職に比べれば結構自由です。

外見にこだわりがある人ならある意味ストレス無く働けるでしょう。

ここではなぜ茶髪等の規定がゆるいのか、外見に関するNG事はあるのかを説明していきます。[/chat]

【工場の求人なら工場求人ナビ!】

工場の仕事といっても千差万別。自分に合った工場の仕事を探したいなら工場求人ナビです。

工場求人ナビはコーディネーターがあなたに最適な仕事を探してくれるのが最大の特徴。

大量の求人から興味のある仕事を探すよりも効率的なので仕事が決まるのも早いです。

  • 一人で仕事を探すのが不安
  • ハズレの求人に会いたくない

といった人にも最適な求人サービスです。

大手メーカーの求人も多く、仕事が決まった後もサポートスタッフのフォローがあるのは、人材サービス業40年の実績を持つ日総工産ならではの強みです。

工場求人ナビで求人を探す→

【この記事を書いた人】

サトシ

販売→営業→倉庫と渡り歩き金属加工工場に転職して10年目。
組合の執行役員も担当し工場の現場と会社の内部事情も熟知。

結論:工場勤務なら茶髪もピアスも大抵はOK

工場勤務において見た目に関する規定は基本的に他の業界よりもゆるいところが多いです。

ただし、工場の仕事に限らず「就業規則を守る」ことはどこの業界でも大前提です。
髪の毛やアクセサリーに規定がある場合は必ず守りましょう。

もしあなたが茶髪やピアス等をしていたいと思うなら工場勤務では問題ないことが多いです。

若いうちは見た目にこだわることも重要ですし、お堅い職業で窮屈な思いをするなら規定のゆるい業界を選んで働くというのも選択肢の一つとしてアリでしょう。

私の働く工場では高卒の新人が気がついたら髪の色が茶髪どころか赤だったり青だったりしたこともあります。

彼はピアスもつけていますが普通に真面目に働いており、工場勤務での見た目に関する規定のゆるさを物語っていると言えます。

工場において見た目の規定がゆるい理由としては大きく下記の2つです。

外に出る機会が無いので

工場勤務は営業と違って客先に出向くということは基本的にありません。

対お客さんであれば人を不快にさせる外見や誠実さが見えない格好では、たとえ仕事ができたとしても信頼を得ることが難しいです。

しかし工場の仕事は基本的に工場内のみでの作業なので、外見のことで客先からクレームが来ることはありません。

ただし、来客が工場見学に来ることはあります。

作業中はヘルメット着用でそれほど髪の毛は目立ちませんし、安全作業を徹底していれば真面目な仕事ぶりは好印象です。

しかしいくら真面目に働いていてもあまりにも派手すぎる外見は社会人としてはちょっと考えものなので、あくまでも「常識の範囲内」で考えましょう。

どの程度までが許されるかは就業規則を読むのもいいですが、同僚の外見を参考にするのも良いです。

やることをやれば問題ないから

工場の仕事で重要なのは

  • 安全な作業
  • 正確な仕事
  • 納期を守る

ことがメインです。

これらを守って生産性を上げるよう働けていれば多少派手な外見でもきっちり仕事をしているので問題ありません。

もちろん派手な髪型が好きでもヘルメットを被れないような髪型では流石に安全面でNGです。

工場によってはアクセサリー類は機械に巻き込まれたり、落として機械に不具合を起こす恐れもあるのでNGにしているところもあります。

ヒゲに関しても工場の仕事は工場内で完結することがほとんどですし、ヒゲで生産性が落ちるということも無いので問題ないところがほとんどです。

タトゥーに関しては会社によるところが多いので下記を参照してください。

工場勤務はタトゥーOK?経験者の声〜隠すアイテムまで紹介
工場勤務はタトゥーOK?経験者の声〜隠すアイテムまで紹介します 私はそれほど偏見はありませんが、日本においてはまだまだタトゥーに対するイメージはあまり良いものではありません。 お堅い仕事...

出勤時の服装も規定のない場合が多い

工場勤務は基本的に出勤時も私服OKのところがほとんどです。

工場の仕事は現場で作業着に着替えての作業が多いので特に服装の規定がないところが多いです。

私の働く工場も基本的に私服通勤で、特に「ビジネスカジュアル」といった格好をする必要もありません。

むしろ夏なら短パンで着てる人もいるし、ジャージやスウェットで来ている人もいます。

私服出勤すら面倒だと思う時は作業着での出勤でも良いでしょう。

ただし、工場によっては作業着での出勤が認められていないところもあるようなので入社前に確認しておきましょう。

どうしても迷ってしまった場合はスーツで出勤すれば間違いないと思いますが、たぶん結構周りと浮いてしまうと思います。

下記にも詳しく書いてありますので参考にしてください。

工場勤務の服装は?作業時から通勤時まで最適解を教えます
工場勤務の服装は?作業時から通勤時まで、最適解を教えますよ 工場で仕事をするときは大抵作業着を着用しますが、基本的に支給される事が多いです。そして業界によって微妙に作業着が違います。 ...

髪色・ピアス・ヒゲなどは仕事を始めてからがベスト

面接時に派手な髪色やアクセサリー類、ヒゲを剃らないといった格好だとさすがに不採用の可能性が高いです。

外見の規定がゆるい工場でも面接時に茶髪・ピアス・ヒゲという状態で面接を受けるのはいくら何でも無理があります。

逆の立場で考えたらわかりやすいですが、そういった外見の人よりは黒髪でヒゲもそってピアスも取った外見の方が採用したくなると思います。

もちろん「人間は外見じゃない」という意見も結構ですが、人間性というのは外見に現れます。

むしろ面接には面接の、仕事中には仕事中に適した格好というものがあるので、それを無視した格好で面接に望んでも「場違いで常識の無い人」という印象しか残りません。

TPO(時、場所、機会)をわきまえるのは社会人として基本中の基本です。

面接には面接に適した格好で臨み、採用された後に茶髪・ピアス・ヒゲといった格好を考えましょう。

食品工場はアクセサリー類禁止のところが多い

異物混入のリスクを無くすために余計なものを身につけることが禁止されているところがほとんどです。

製造しているものにもよりますが、食品系の工場で異物混入を避けるために全身を覆って「見えるところは目」だけということが多いです。

これは髪の毛の一本の混入も許されないのが当たり前の対策なので、ピアスなどのアクセサリー類も身につけるのは以ての外です。

食品工場において髪の毛一本、ピアス一個だけでも混入した場合、商品の回収、信頼の問題など会社が被る損害は計り知れないので厳しく規定があります。

髪色に関しては、作業中の髪の毛は帽子で覆われていることが多いため外から見えません。

だから茶髪でも何色でも基本的にあまり問題ないですが、派手な色だと出勤・退勤時にちょっと浮いてしまうかな?くらいはあるかもしれません。

髪の長さは短い方が望ましいですが、作業中は長くても帽子の中に収めるのでそれほど問題なることはないと思われます。

食品系の工場は割と女性の多い職場なのでおしゃれに気を使いたい人もいると思いますが、帽子やマスクで完全防備なために

  • 見た目に気を使わなくなる
  • 出勤、退勤、または見えるところには気合いを入れる

という2つになることが多いようです。

会社の規定を無視しては働けませんし、食品工場の仕事的には上記2つに当てはまる方が問題ないので結局「働いてると仕事内容に馴染む」といったところでしょう。

工場勤務女性あるある22選→経験者100人に聞いてみました
工場勤務女性あるある22選→経験者100人に聞いてみました 工場で働くことを考えている女性もいるとは思いますが、働くことに不安がある人もいるでしょう。 そこで当サイトで100人分のア...

工場勤務は茶髪・ピアスはOK?のまとめ

  • 工場勤務は茶髪もピアスもOKのところが多い
    ・客先に出向くことが無いので見た目に気を使う必要が少ない
    ・安全、正確、納期を守れば基本的に問題はない
    ・安全面が保証できない髪型はNG
    ・機械に巻き込まれ防止のためアクセサリー禁止のところもある
  • 出勤時の服装も特に規定がない場合が多い
    ・作業着出勤OKのところも多い
    ・NGの場合もあるので事前に確認しておこう
  • 外見を変えるなら仕事が始まってから
    ・面接時に茶髪・ピアス・ヒゲはNG
    ・TPOを守るのは社会人としての基本中の基本
  • 食品工場はアクセサリー類禁止がほとんど
    ・異物混入を避けるため
    ・髪色は茶髪でも問題ない(面接時は落ち着いた色の方が良い)
    ・髪が長くても帽子に収めるからあまり問題ない

というわけで工場勤務における茶髪やピアス等の問題に関して説明していきました。

他の職業よりも外見に関する規定がゆるいとはいえ規定がある場合は必ず守りましょう。

そしていくら茶髪だろうがピアスだろうがヒゲだろうが、外見の規定がゆるくても仕事には真摯に取り組むことが基本です。

ゆるい外見だからといって不真面目な仕事ぶりでは評価が下がりますし、むしろどんな外見だろうと仕事のできる人というのは格好いいものです。

そしてどれくらいまでが許されるかは採用された後に同僚を参考にするのが一番わかりやすいです。

食品工場の場合はアクセサリー類は厳しい規定があるので勤務時間街でアクセサリーを楽しみましょう。

いずれにしろ「きっちりした格好」で働くのに抵抗がある、外見に関してとやかく言われたくない、という人には工場の仕事は案外適した職場です。

もし興味があるならまずは自分に合いそうな求人を↓から探してみましょう。

工場・製造業の求人なら工場求人ナビ!

工場の仕事を探すならまずチェックすべきは工場専門求人サイトです。

通常の転職サイトと違って工場の求人のみが載っているので、働きたい工場をより詳しく検索できます。

また、良い求人は「早い者勝ち」でもあります。

掲載期限があるのでいつまでも求人サイトに載り続けるわけではありません。

良い求人を見つけたら素早く行動して内定をゲットしましょう!

工場求人ナビ

創業1971年の日総工産が運営する工場、製造業専門の転職サイトです。

大手の求人を多数扱っていることが魅力的で、これから工場で働こうと思う人のために用語集などもあるので初心者にも親切な転職サイトと言えるでしょう。

登録すればコーディネーターと相談しながら自分に最適な求人を探せるのが強みです。

  • 一人で求人を探すのが不安
  • 効率よく求人を探したい
  • 大手メーカーの仕事をしたい
  • 寮付き求人を探している
  • 期間工の仕事を探している
  • 就業した後もフォローが欲しい

といった人にはまさしく最適な求人サイトです。

特に「自分に合う工場の求人が分からない」という人こそ、失敗しないためにも工場求人ナビに登録しておくことをオススメします。

工場求人ナビの公式HPはこちら!

ABOUT ME
サトシ
販売→営業→倉庫と渡り歩き、金属加工工場に転職して10年目。組合の執行役員も務めているので工場の現場と会社の内部事情も色々と熟知。 これらの経験から身についた、工場や製造業の実態や情報をお届けします。 また、工場を辞めて違う仕事をしたいと思う人に向けた知っておくべき情報も掲載しています。