工場勤務

工場勤務ならタトゥー・刺青はOK?実際のところは・・・

こんにちは!工場に転職して10年目のサトシです。

私はそれほど偏見はありませんが、日本においてはまだまだタトゥーに対するイメージはあまり良いものではありません。

お堅い仕事とは違って工場ならタトゥーがあっても修業できるのでは?と考えている人もいると思いますので、その辺を説明して行きましょう。

合わせてタトゥーを隠せるアイテムや除去のことに関しても説明して行きます。

【工場の求人を探すなら工場ワークス!】

もし工場の仕事に興味があるなら求人数、検索の使い勝手の点からいって工場ワークスが1番使いやすくてオススメです。

様々な条件に対応しているので、楽な工場の求人を探す、または自分の興味のある分野の工場を探すならぜひ利用しましょう。

工場ワークスをメインで利用して他の求人サイトも併用すればあなたが望む求人に出会える確率はさらに上がります!

もちろん派遣、期間工、寮付きの仕事を探している人にも充実の求人数があるので利用しない手はありません。

工場ワークスで求人を探す→

結論:タトゥーOKかどうかは会社の方針次第

例えば大企業の工場であれば企業イメージを大切にするため、タトゥーの一般的なイメージがあまり良いものではないから採用が難しい場合があります。

面接時に正直に「実はタトゥーが入っています」と告知するとその時点で落とされることもあるようです。

逆に言うとそれほど大きくない企業、工場であればあまりうるさく言われないこともあります。

むしろ経営者側が昔やんちゃしていたのでタトゥーが入っているという場合もあるので寛容なこともあります。

そういった工場であれば同僚にもタトゥーを入れている人もチラホラいるのである意味働きやすい職場かもしれません。

タトゥーが入っていても隠せばOKというところもありますし、むしろ工場の仕事は安全のために長袖の作業着であることが多いので仕事中はあまり目立つことも無いでしょう。

営業や販売職など、お客さんの前に出る仕事だとどうしてもタトゥーのイメージが先行してしまうので難しい面もあります。

しかし工場の仕事は基本的に工場内だけで完結することが多いのでそれほど問題にならない場合もあるということです。

一般的なタトゥーのイメージは

  • アウトロー
  • チャラい
  • 不真面目
  • 怖い

といったマイナスのイメージですが、だからといってそのイメージ通りの人間性であれば工場に限らず大抵の仕事は務まりません。

そういうイメージがあるからこそ真面目に働き「仕事のできる人」になれば工場での自分の地位も確立できるはずです。

とはいえ、もしタトゥーを消せるのであれば消した方が仕事の選択肢の幅は広がるのも事実。

今後の自分のキャリアを考えつつ、タトゥーが入っていてもできる仕事を探すか、タトゥーを消して(消すことを考えて)自分のしたい仕事をするかを考えるのも良いでしょう。

タトゥーが入っていることを隠して働いて良いのか?

これも会社の基準によるでしょう。

もし会社の規則として「タトゥーNG」というのであれば、バレた後に問題になることは想像に難くないです。

工場の仕事は大抵長袖なので、作業着で出勤すれば着替えで肌を晒すこともないのでバレないかもしれません。

あまり肌を見せない部分(腰、背中など)や、それでいて小さいタトゥーであれば隠したまま十分働けるとは思います。

それで問題が無いと言うのであればとりあえずは良いかもしれませんが、規則を破っていることに変わりはないということは頭に入れておいてください。

なるべくなら

  • タトゥーが入っていることを認めてもらう
  • タトゥー可の工場で働く

ことを考えた方がいいでしょう。

いずれにしろ「働く」となったらタトゥーの有無に関わらず真面目に勤務することが大前提です。(当たり前ですが)

期間工はタトゥー不可がほとんど

期間工は大抵大手の自動車メーカーが多く、やはり企業イメージを大事にするのかタトゥーには厳しいところが多いです。

もちろんタトゥーの有無だけで人間性は判断できませんが、悲しいことにこれが日本でのタトゥーのもつイメージなのです。

自分や会社がOKだとしてもユーザー目線に立った場合、

「刺青バリバリ入った人が作ったモノ、品質とか大丈夫なの・・・?」

と思われる事もあるでしょう。理不尽ではありますが、あり得る話です。

なお、仮にタトゥーを隠して入社できたとしても健康診断や寮でお風呂に入る時にバレることが多いです。

バレたらクビになる事もあるようなので、それなら最初からタトゥーがOKな職場を探すべきです。

なお、トヨタはタトゥーに厳しいという話をよく聞きますが、ホンダや三菱は割とタトゥーに寛容な話を聞きます。

もし期間工を考えている人がいればホンダや三菱を狙ってみましょう。

工場・製造業以外で比較的タトゥーに寛容な業界は?

あくまでも「比較的寛容」であってこの仕事ならタトゥーOK!というわけではありません。

どこの業界にも規定のゆるい・厳しいはありますし、大手だと採用が厳しいところもあります。

しかしどこの業界でも言えることですが、「やるべきことをきっちりやる」ということが重要です。

例えタトゥーが入っていても「きちんと結果を出す人」はタトゥーのあるなしに関わらず有能な人材なので企業側にとっても手放したくないでしょう。

土木・建設関係

わりとやんちゃな人たちが多い業界なのでタトゥーの入っている人たちも他の業界より多めです。

というよりも、茶髪だろうがタトゥーだろうが、人手不足の業界なので就業に関しては敷居が低いです。

昔の鳶職は転落死した時の身元確認の意味も込めて背中に刺青を入れていることもありましたが、そういった背景も土木・建設関係でタトゥーを入れている人が多い一因かもしれません。

やるべき仕事をちゃんとやれば認められる業界でもあるので、見た目云々よりも「働ける人」を採用したい業界でもあるでしょう。

もちろん体力も必要ですが、やんちゃだった人たちは気合いと根性も入っていると思うので案外性に合った仕事かもしれません。

コールセンター

電話をすることがメインなので対外的なことを気にする必要が無い場合がほとんどです。

営業や販売であれば自分の見た目が嫌悪感を与えないか気にする必要がありますが、電話の向こうの相手に自分がタトゥーが入っているかどうかは全く関係ありません。

むしろ服装の規定もゆるいことが多です。(もちろん最低限の服装の規定はありますしゆるさは会社によります)

色んなしがらみしがらみが面倒だという人なら考えてみても良いのではないでしょうか。

在宅フリーランス

在宅勤務でフリーランスは会社による規則に縛られないのでタトゥーどころか茶髪もピアスも全て自分次第です。

全て自宅での作業で完結するので自由ですが、全ての責任も自分が負うことになるので企業に属しているより面倒ごとが付いて回ることも良くあります。

もし客先に出向くことがあるというならタトゥーに嫌悪感を持つ人がいることもあるので、そういう場合は気にする必要があるかもしれません。

美容師、アパレル関係

タトゥーが「ファッション」として認められやすい業界の代表例ではないでしょうか。

やんちゃな人が怖さや強さをアピールするのとは違い、純粋にアートやファッション、または「おしゃれ」の一部として受け入れられやすいです。

もちろんタトゥーの存在が苦手な人からしたらドン引きしてしまうかもしれませんが、それでも業界全体としては堅い職業よりはだいぶ寛容な業界です。

水商売

夜の世界、特にホストなんかは結構タトゥーを入れている人はいます。

お客さんによってはタトゥーが嫌いな人もいると思うのでその辺は好みの問題ですが、シビアなくらいに実力主義なのでタトゥーが就業面でマイナスになるようなことはあまり無いでしょう。

キャバ嬢の場合は、見えるところにあったり大きかったりたくさん入っていたら就業面では難しい場合もあると思います。

それでも「タトゥーが入っていても働ける」比較的寛容な業界でしょう。

タトゥーを隠したい時に使いたいアイテム

手っ取り早くタトゥーを隠したいというならいくつか便利なアイテムがあるので、どれを使うかはあなた次第です。

タトゥーの大きさや範囲、懐事情を踏まえて今の自分にはどれが最適かを決めましょう。

肌隠しシート



手っ取り早くタトゥーを隠したい、というのであればこのように上からシートを貼って隠す方法があります。

肌かくしーとなら

  • 薄さ0.02㎜
  • 約一週間連続使用可能
  • ウォータープルーフ

と使い勝手が良いので取りあえず手軽に早く隠したいのであれば使う価値は十分にあります。

サイズも普通サイズから大判、超大判、絆創膏サイズ、丸型と選ぶことができるので隠したいサイズに合わせて選択も可能です。

>>気になる傷あとやタトゥーを隠す!肌かくしーと!!

カクシスボディファンデーションスプレー

直接肌に吹き付けてタトゥーを隠すスプレーです。

一色で使うより下地に濃い目の色してから肌の色に近い色を使用するとより自然な色でタトゥーを隠せます。

1回隠せば水も弾いて3日ほどは持続するので毎日する必要もありません。

上手く使用するには多少コツは必要ですが自然な感じでタトゥーを隠せるのでこちらの利用も考えてみましょう。


 

サポーター、インナー類

私の働く工場に出入りしているトラックのドライバーさんも袖や首筋あたりをサポーターでタトゥーを隠していました。(隠せない場所や隠しきれないものもありましたが)

夏場は暑いかも?と思うかもしれませんが、吸汗速乾や冷感といった機能的なサポーターやインナーを使えば思ったよりも快適に仕事ができます。

夏用のコンプレッションインナーでハイネックなら暑い夏でも快適に仕事ができて、首筋のタトゥーまでカバーできそうなので一考の価値はあります。


タトゥーを消したい!という時は美容整形外科へ

心機一転して自分のタトゥーを消したいという時は、美容整形外科で除去するしかありません。

主にレーザー治療か切除法になりますが、どちらにもメリット・デメリットは存在します。

いずれの方法をとるにしろ、タトゥーの除去は安くないお金がかかりますし保険適用外がほとんどです。

ワンポイントなどの小さめのタトゥーなら1日で済む事もあるので、消そうかどうか悩んでいるならまずは実際にクリニックへ行ってカウンセリングを受けてみましょう。

>>まずは相談してみましょう!【栄セントラルクリニック】

レーザー治療のメリット・デメリット

【メリット】

  • タトゥー以外の皮膚を傷つけない
  • 回復は早い
  • 傷跡が残りづらい

【デメリット】

  • 治療回数がかかる
  • 色によって除去できないものもある

切除法のメリット・デメリット

【メリット】

  • タトゥーの色に関係なく除去可能
  • 早く、確実に除去可能

【デメリット】

  • 傷跡が残る
  • 回復までに時間がかかる

 

他にも剥離法や植皮法と行った術式があります。

タトゥーを消すべきか、どの方法がベストかということを悩まれる方もいると思います。

しかし自分でタトゥーを除去することはできないので、まずはどの方法が自分にとってベストなのかをプロに相談するのが一番です。

一人で悩まずプロに話を聞いてみれば治療前〜治療後のイメージもつきやすいですし、実際に除去するかはそのあとに決めても良いのです。

>>金額から治療期間までの相談なら【栄セントラルクリニック】

工場勤務はタトゥー・刺青OK?のまとめ

  • タトゥーがOKかどうかは会社の方針による
    ・タトゥーを隠して就業することはあまりオススメできない
    ・ホンダ、三菱の期間工はタトゥーには寛容らしい
  • 比較的タトゥーに寛容な業界は
    ・土木・建設関係
    ・コールセンター
    ・在宅フリーランス
    ・美容師、アパレル
    ・水商売
  • タトゥーを隠したい時に使いたいアイテム
    ・肌かくしーと(貼るタイプ)
    ・カクシスボディファンデーションスプレー(スプレータイプ)
    ・サポーター、インナー類
  • タトゥーを消すには美容外科しかない
    安くないし保険適用外なので、まずはカウンセリングから始めるのが良い

工場勤務は髪やピアスなどにはあまりうるさく言われないことが多いですが、タトゥーとなると構えてしまうところもあります。

「タトゥーが入ってるから工場くらいでしか働けない」

と思っている人でも意外と採用されなかったりする事もあるでしょう。

それでもタトゥーOKの工場もあるのでまずは求人をよく見てみることをオススメします。

工場に限らず比較的タトゥーに寛容な業界まで視野を広げればより仕事を見つける可能性は広がります。

タトゥーを隠そうと思っている人は自分に合いそうなものを試してみましょう。

タトゥーを消そうと思っている人は一人で悶々と考えずに、まずは美容外科で金額や治療法、治療期間など気になっていることを相談してから判断してみましょう。

工場の求人数なら日本最大級!工場ワークスのチェックはしていますか?
無料登録はコチラ
工場の求人数は日本最大級!
工場ワークス