工場勤務 PR

工場の騒音対策には耳栓!甘く見ると騒音性難聴で苦しみますよ?

工場の騒音対策には耳栓!甘く見ると騒音性難聴で苦しみますよ?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
こんにちは!工場に転職して10年目のサトシです。

工場で働く上で騒音はつきものですが、「たかが騒音くらい」と思って何も対策をしないでいると難聴になる可能性もあります。

そして難聴は治療が困難な病気です。

難聴になるとあなたが思っている以上に日常生活に影響を及ぼしてしまうので、そうならないためにも耳栓やイヤーマフを使用しましょう。

【騒音の少ない工場の求人なら工場求人ナビ!】

工場の仕事といっても千差万別。自分に合った工場の仕事を探したいなら工場求人ナビです。

工場求人ナビはコーディネーターがあなたに最適な仕事を探してくれるのが最大の特徴。

大量の求人から興味のある仕事を探すよりも効率的なので仕事が決まるのも早いです。

  • 一人で仕事を探すのが不安
  • ハズレの求人に会いたくない

といった人にも最適な求人サービスです。

大手メーカーの求人も多く、仕事が決まった後もサポートスタッフのフォローがあるのは、人材サービス業40年の実績を持つ日総工産ならではの強みです。

工場求人ナビで求人を探す→

【この記事を書いた人】

サトシ

販売→営業→倉庫と渡り歩き金属加工工場に転職して10年目。
組合の執行役員も担当し工場の現場と会社の内部事情も熟知。

工場の仕事は騒音性難聴に要注意!

全ての工場がうるさいというわけではなく、何を生産しているかにもよります。

例えば金属や木材加工の工場の場合、大型の機械が稼働していると騒音も大きくなります。

私の働く工場も大型のプレス機もあるしスクラップが落ちて流れる音がうるさいので耳栓の使用が義務付けられています。

もし耳栓も無い状況で作業し続けたら徐々に耳を傷めてしまうでしょう。

逆に電子基板の組み立てのような工場では騒音も少なく、食品工場も騒音自体は少ない傾向にあるようです。(生産するものにも寄ると思いますが・・・)

ちなみに人間が騒音を感じるのは50デシベル以上と言われています。

もしこれから働こうとしている工場の騒音が気になる人は面接の時にどれくらいの騒音なのか質問してもいいですね。

騒音性難聴とは?

日々大きな音を聞き続ける環境でなりやすい病気で、初期段階では「音が聴こえづらい」「耳鳴りがする」といった症状があります。

しかし、ちょっと聞こえづらくなったくらいだと難聴に気づく人はほとんどいません。

そして低血圧、鼻・耳に疾患を持っている、アレルギー体質の人は悪化しやすいとも言われています。

騒音性難聴の治療は?

違和感があったらすぐ耳鼻科へ行ってください。一週間以内が望ましいです。

騒音性難聴の治療で薬物療法(ステロイド、ビタミン剤)が有効なのは一週間以内と言われています。

当然それを過ぎると治療がどんどん困難になっていくのです。

薬物療法の他に

  • 高圧酸素療法
  • 神経節ブロック療法

といったものもありますが、これも早期治療で有効なものです。

「最近耳の聴こえ方がおかしいな・・・」と思ったら遠慮せずに耳鼻科へ行きましょう。

もし難聴ではなかったらそれはそれで良いことです。

むしろ耳垢が詰まって聴こえづらくなっていただけという場合もあります。

そんな時は「難聴じゃなくてラッキー♪」と思って耳垢をとってもらってスッキリしましょう。

ちなみに耳鼻科で耳垢をとってもらうのは耳鼻科医にとってごくごく当たり前のことなので、恥ずかしいことでも何でもありません。

むしろ自分でやるよりプロにやってもらった方が綺麗になるのでたまにやってもらうといいですよ。

難聴になるとどうなるの?

一番まずいのは難聴が進行して放っておくと「言葉を識別する能力」が低下することです。

何とか聴こえるけど何を言っているのか理解できなくなると、ただでさえ音が聴き取りづらいのに余計コミュニケーションが上手く取れなくなってしまいます。

難聴で日常生活が困難になる

難聴になると高い音から徐々に聴こえづらくなり、その後低い音も聴こえづらくなります。

「よく聴こえない」というのは自分が思っている以上に不便でストレスがたまります。

音が聴こえづらいと自然と自分でも大きな声で話してしまい、それが人の多い場所だとうるさいので周りにも迷惑をかけてしまうでしょう。

テレビの音が聴こえづらいとボリュームを上げてしまい、近所迷惑になるかもしれません。

電話がかかってきても気づきづらいかもしれません。

呼び鈴が鳴っても気づかないかもしれません。

難聴が進行して車のクラクションにも気づきづらくなったら事故に遭う可能性もあります。

難聴で仕事に影響を及ぼす

よく聴こえないと仕事上の指示が上手く聴き取れずミスに繋がります。

工場の仕事だから黙々とコミュニケーションも少なく仕事ができるから問題無いでしょ?と思う人もいるかもしれませんが、全くコミュニケーションがゼロの職場はありません。

仕事の前に朝礼で連絡事項が伝えられることもあるでしょう。

重要事項を聴き逃して作業をしてミスをしたらそれこそ大変です。

仕事中も何らかの連携を取るためにコミュニケーションは発生します。

しかし聴こえづらいと何度も聴きかえすことになり、聴き返される方にはストレスです。

そのおかげで人間関係まで悪くしかねません。

一番簡単な難聴予防法が耳栓の使用

難聴の予防は耳栓を使うのが一番有効な予防方法です。

もちろんうるさくない工場で働くのが良いのですが、全ての工場がそういうわけではありません。

職場によっては耳栓の使用が義務付けられているところもありますので騒音や難聴を甘く見ないでちゃんと使用しましょう。

もし義務付けられていないけど騒音が気になるという場合は自分で用意しましょう。

物によってはソコソコの値段もしますが、そんなに高いものではありません。

一番手軽に手に入れるなら百均にも売っています。

私のオススメは紐付きの耳栓ですね。
これなら落としてしまう事もないので無駄に買い直したりする事もないです。


イヤーマフだとより防音性も高く耳の穴に入れるわけではないので衛生的です。
ヘルメットに装着するタイプもあります。

 

職場で支給されるところが多いとは思いますが、もし支給されていなければ自分で用意しておきましょう。

結局、自分の身を守るのは自分なのです。

なお、耳栓も汚れてきたら交換しましょうね。汚れたままの耳栓を使い続けていると中耳炎になってしまいます。

せっかく難聴の予防で耳栓を使っているのに別の病気になったら意味がありません。

耳栓は洗って使い続けるよりは交換する方が衛生的です。

工場の騒音対策には耳栓!のまとめ

  • 大きな音がする環境では騒音性難聴になりやすい
  • 初期段階で気づく人がほとんどいない
  • しかも難聴は治療が困難
  • 違和感を感じたら一週間以内に耳鼻科へ!
  • 難聴になると日常生活にも仕事にも影響を及ぼす
  • 難聴を甘くみないで耳栓をしっかり使用しましょう

耳栓を支給されるなら問題ありませんが、そうで無い場合も考えられます。

「支給されないから耳栓をしない」と考えず、このまま作業するのはまずいと思ったら耳栓をして作業しましょう。

結局自分の身を守るのは自分です。

もし環境が改善されずに耳へのダメージが心配になったら転職するというのも一つの方法です。

今の工場よりも環境の良い職場は意外とあります。

登録するのはタダなので余裕のある今のうちに先に登録だけしておきましょう。

騒音の少ない工場・製造業の求人なら工場求人ナビ!

工場の仕事を探すならまずチェックすべきは工場専門求人サイトです。

通常の求人サイトと違って工場の求人のみが載っているので、働きたい工場をより詳しく検索できます。

また、良い求人は「早い者勝ち」でもあります。

掲載期限があるのでいつまでも求人サイトに載り続けるわけではありません。

良い求人を見つけたら素早く行動して内定をゲットしましょう!

工場求人ナビ

創業1971年の日総工産が運営する工場、製造業専門の転職サイトです。

大手の求人を多数扱っていることが魅力的で、これから工場で働こうと思う人のために用語集などもあるので初心者にも親切な転職サイトと言えるでしょう。

登録すればコーディネーターと相談しながら自分に最適な求人を探せるのが強みです。

  • 一人で求人を探すのが不安
  • 効率よく求人を探したい
  • 大手メーカーの仕事をしたい
  • 寮付き求人を探している
  • 期間工の仕事を探している
  • 就業した後もフォローが欲しい

といった人にはまさしく最適な求人サイトです。

特に「自分に合う工場の求人が分からない」という人こそ、失敗しないためにも工場求人ナビに登録しておくことをオススメします。

工場求人ナビの公式HPはこちら!

 

ABOUT ME
サトシ
販売→営業→倉庫と渡り歩き、金属加工工場に転職して10年目。組合の執行役員も務めているので工場の現場と会社の内部事情も色々と熟知。 これらの経験から身についた、工場や製造業の実態や情報をお届けします。 また、工場を辞めて違う仕事をしたいと思う人に向けた知っておくべき情報も掲載しています。