リクナビNEXTの評判は?悪評は?口コミから特徴を詳しく解説していきます


こんにちは!工場に転職して10年目のサトシです。

リクナビNEXTは転職者の8割が利用しているといわれている、いわば「基本のき」とも言える転職サイトです。

その特徴は何と言っても求人数。転職サイトの中では国内でもトップクラスです。
しかし登録者が多いとライバルが多くなってしまうというデメリットも含んでいます。
だとしても8割の転職者が利用するのはそれだけのメリットがあるということでもあります。

もし最初にどこの転職サイトがいいのか分からない、というのであれば最初に登録しておくには良い転職サイトです。

工場に転職するなら見ておきたいのはこのサイト!

もっと有利に工場へ転職したいならこの転職エージェント!

リクナビNEXT会員登録はこちら→

リクナビNEXTの基本情報

運営会社株式会社 リクルートキャリア
設立1977年11月28日(商号変更2012年10月1日)
本社所在地〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
資本金6億4,335万円
公式サイトhttps://www.recruitcareer.co.jp/

※公式サイトより

リクナビNEXTはリクルートキャリアが運営する転職サイトです。

他にも転職でいえばリクルートエージェントや就職SHOPといったサービスを展開。
ハイクラス向けのキャリアカーバーも運営しています。
新卒の就職活動にはリクナビを展開しているので利用したことがある人もいるでしょう。

他にも

  • 就職ジャーナル
  • リクナビNEXTジャーナル
  • リクナビTech総研

などなどの情報サイトの運営もしています。

リクナビNEXTの良い口コミ

リクナビNEXTは求人数が多い!

リクナビNEXTの1番の強みは何と言っても求人数の多さです。

国内では最大級の転職サイトなので、掲載企業も

  • 有名企業
  • 中小企業
  • ベンチャー
  • 公的機関

と、多岐に渡ります。
年齢層も20代〜50代と幅も広く、全国の求人を取り揃えています。

もともと豊富な求人数に加え、毎週2回(水曜、金曜)に情報が更新されて新着求人も1,000件ほど更新されます。
だから常にサイトをチェックしておけば、

「今週は良い求人が無かったな」

と思っても更新されたらあなたの条件にあった求人にめぐり合う可能性が高いです。

また、様々なニーズに応える求人特集(30代、第二新卒、Iターン、Uターン、女性の転職、障がい者、etc)もあるので使い勝手は非常に良いです。

会員登録者数も900万人超、転職者の8割が利用したことがあるというのも頷ける求人数の充実具合です。

参考までに大手転職サイトの求人数と比べてみましょう。

サービス名求人数
doda79,528件
リクナビNEXT41,709件
マイナビ転職12,857件
エン転職6,256件

※2020年2月29日現在

dodaの方が求人数は上ですが、それでも大手4社の中では2番手です。
(dodaは転職エージェントとしての利用も可能で非公開求人も豊富なため)

なお、他の転職サイトに似たような求人があった場合にリクナビNEXTの方が条件が良いということもあります。リクナビNEXTの質の高さの表れです。
質の高い求人が多いのもちゃんとした理由があります。
リクナビNEXTは他の転職サイトよりも掲載料が高いので、企業側も

「高い掲載料を払っても良い人材が欲しい」

と考える企業が集まっています。
逆に言うとその高い掲載料を払えない企業は載らないということです。
「高い掲載料を払える=良い企業である」とまでは言い切れませんが、採用に力を入れている企業であることは分かります。

これもリクナビNEXTを使いたくなる理由の一つになりますね。

リクナビNEXTはサイト、アプリの使い勝手が良い

リクナビNEXTはサイトの使いやすさが好評な転職サイトでもあります。

リクルート自体がIT企業に強みがあるからかもしれませんが、操作性が良く見やすいサイト構成となっています。
特に求人検索が使いやすく評判が良いです。
職種や勤務地を選択して検索することはもちろん、年収まで指定して検索が可能。
もっと細かく条件を指定して検索もできます。例えば、

  • 休暇の特徴
  • 勤務時間の特徴
  • 賃金の特徴
  • 勤務地の特徴
  • 福利厚生の特徴
  • 働き方の特徴
  • 企業の特徴
  • 募集の特徴
  • 選考の特徴
  • 従業員の特徴
  • 語学の特徴

といった各項目からさらに細かく自分の条件に合ったものを選択できます。
(週休2日、服装自由、転勤無し、自動車通勤OK、フリーターから正社員を目指す、etc・・・)
かなり詳細に条件を指定できるので自分の望む求人にたどり着きやすいでしょう。
求人情報によってはリクナビNEXTが直接社員にインタビューした内容も載っているのでより応募企業のことが分かります。
キーワードや各種特集からも求人検索ができるので非常に融通が効いている転職サイトですね。

もちろんリクナビNEXTのアプリも使い勝手抜群です。

求人の検索もできますし企業からプッシュ通知で連絡を受けることもできます。
通勤時間などの隙間時間にも求人のチェックができますしパソコンと同期しています。
パソコンでチェックした企業をアプリでも確認できるので、どちらかで見たときに内容が異なるということもありません。

リクナビNEXTのスカウト機能

忙しくて求人の検索があまりできないあなたはスカウト機能を積極的に使って条件の合う求人を探しましょう。

リクナビNEXTに登録する時に自分のプロフィールをしっかり設定しておけば、あなたのプロフィールをチェックした企業からスカウトが届きます。

もし今働いている会社が自分を見つけたらどうしよう?と思っても大丈夫。
リクナビNEXTは「レジュメ公開ブロック」という機能もあるので会社バレが心配ならしっかり設定しておきましょう。

リクナビネクストのスカウトは2種類。

【オープンオファー】

あなたの条件と企業側の条件が合った時に自動で送られてきます。
時には自分の条件と合わないこともあるので、オファーが届いたからといって採用されやすいというわけではありません。

また、気になる求人を見たあとに似たような求人を出している企業から届くことがあります。

【プライベートオファー】

こちらの方が重要です。

企業があなたのプロフィールに興味を持って直接メールを出しています。
オープンオファーは言ってみれば「数打ちゃ当たる」みたいなところもあります。
しかしプライベートオファーは「是非あなたと話をしてみたい」と企業側からピンポイントで連絡を取っているのです。
書類選考を飛ばして直接面接を受けられることもあるので採用率は高めです。

仮に不要なオファーが届いたとしても興味がなければ無視して良いのであなたが面倒に思うことは無いでしょう。

リクナビNEXTのグッドポイント診断で自分を知る!

リクナビNEXT独自の自己診断ツールで、自己PRが上手く書けない人はまず使ってみましょう。

履歴書や職務経歴書を書くとき、どのようにアピールすべきかを悩む人は結構多いです。
そんな時はグッドポイント診断を使って自分のことを調べましょう。

他の転職サイトにも自己診断ツールはありますが、グッドポイント診断は293問の選択式の質問に答えていくのでより詳細な自己診断結果を出すことができます。
もちろん無料ですし、登録すれば誰でも利用できます。
むしろグッドポイント診断を受診するためにリクナビNEXTを登録する人もいるのだとか。

あえて欠点を言うのであれば293問もの質問を回答するには時間がかかるということですね。
30分くらいかかるので時間に余裕のある今のうちにグッドポイント診断で自分の強みを知っておきましょう。

リクナビNEXTは応募書類のダウンロードもできる

リクナビNEXT上で履歴書・職務経歴書を作成してダウンロードもできます。

毎回書く手間が省けるので忙しいあなたの味方になってくれます。
(「手書きでないとダメ」というところもあるので臨機応変に使いましょう)

登録時に自分の経歴などを入力すれば履歴書・職務経歴書に反映されます。
もしかしたら最初は上手く書けないかもしれませんが、徐々に充実した内容にしていけば良いのです。
もちろん書き方がよく分からない人のために

  • 履歴書・職務経歴書の書き方の見本
  • 履歴書・職務経歴書のテンプレート
  • 職務経歴書のフォーマット、ダウンロード

もリクナビNEXT載っています。
参考にしながらより良い応募書類を作成しましょう。

なお、他の転職サイトでもこのようなサービスはありますが、テンプレートをダウンロードしたときに転職サイトのサイト名が入ってしまうことがあります。
しかしリクナビNEXTはサイト名が入ることもないので他の転職サイトや転職エージェントからの応募にも利用できます。

リクナビNEXT会員登録はこちら→

リクナビNEXTの悪い口コミ

リクナビNEXTはメールがうざいことも

リクナビNEXTに登録すると新着求人などの各種メールが届きますが、配信頻度が多く感じてうざいと思うこともあります。

最初のうちは新着求人や「かしこい転職プロジェクト」といった情報メールは参考になります。
しかし慣れてくるとだんだん読まなくなりますし届くだけ面倒に思えてくることはよくある話です。

また、自分が希望している条件に全く当てはまらないようなスカウトメールが届くこともあるので、余計にうざいと思うこともあるかもしれません。
フィルタ機能で振り分けられたら良いのですが、残念ながらリクナビNEXTにはそういった機能はありません。

ただし、大抵の転職サイトでは登録すると何かしらのメールは配信されます。
もしいい加減メールがうざいと思ったら配信停止の設定をしましょう。
ログインしたら、

  1. 「各種設定」をクリック
  2. 「情報配信設定」から停止したいメールがあれば「配信停止」をクリック
  3. 「本当に○○の配信を停止しますか?」と聞かれるのでOKをクリック

で終了です。
わずらわしいメールにイライラしないためにも必要が無いと思ったら設定しておきましょう。

リクナビNEXTは登録者が多い=ライバルが多い

リクナビNEXTは転職者の8割が利用しているだけあって登録者数も多いので、あなたが興味を持った求人は他の多数の利用者も興味を持っています。
だから、

【登録者が多い=ライバルが多い!

という図式が成り立ちます。

求人数が多いのもサイト自体に使い勝手が良いのも確かにリクナビNEXTの利点です。
しかし人気の転職サイトゆえに「ライバルが多い」というデメリットが発生してしまうのはなんとも皮肉な話です。
自分の経歴が甘かったりスキルが不足していたりすることで面接にたどり着けないこともあるでしょう。

ではリクナビNEXTを使わず他の転職サイトを利用すべきか?

答えは「とりあえずリクナビNEXTを利用してから考えよう」が正解でしょうね。
ライバルが多いとはいえやはり利点が多いのでまずは登録して使ってみましょう。
その上で合わないのであれば他の転職サイトを利用すれば良いのです。

むしろ求人以外にも良い点がいっぱいあるので、それだけでもリクナビNEXTを利用する価値はあります。

リクナビNEXTといえどもブラック企業が載っているかも

転職者の8割が利用したことのある人気の転職サイトでもブラック企業が載っている可能性はあります。

確かにリクナビNEXTは他の転職サイトよりも掲載料が高いので求人の質は高くなっています。
そしてブラック企業は掲載料を抑えるために少しでも安い掲載料の転職サイトに求人を載せる傾向があるようです。

しかし、逆に言えばその掲載料さえ払えばどんな企業でも載ってしまいます。

残念ながら掲載求人がブラックかどうかを判断するツールのようなものはありません。
ではその求人が良いか悪いかをどう判別するのかといえば、いろんな求人を見てブラック企業かどうかを見極める目を養うことをおすすめします。
転職活動を始めたばかりで「あ、この求人いいかも」と思ってもすぐに飛びつかないほうがいいこともあります。

もしかしたら以前から掲載されている求人?

募集しても人が集まらなくてしょっちゅう求人が募集されている?

それともすぐに人が辞めるから求人を出さずにいられない?

本当にその求人は大丈夫?

ということもあります。
または、

  • 求人情報や社員へのインタビューをよくチェックする
  • 2ちゃんねるやツイッター等で評判を調べてみる
  • 転職会議などの口コミサイトを利用する

などでその企業を調べてみましょう。

リクナビNEXTのまとめ

【良い口コミ】

  • 求人数は転職サイトの中でもトップクラス!
  • サイトが使いやすくてアプリで隙間時間に求人検索できるから使い勝手が良い
  • 忙しい人はプロフィールを充実させてスカウトを利用しよう
  • グッドポイント診断で詳細な自分の強みを知って自己PRに活かそう
  • 履歴書・職務経歴書はダウンロード可能。書き方もサイト内に載っている

【悪い口コミ】

  • メールがよく来てうざいこともある(たまに的外れな求人情報も来る)
    →うざければ配信停止しよう
  • 登録者が多いのでライバルが多い=興味のある求人は他の利用者も興味を持っている
    →履歴書・職務経歴書を充実させて差をつけよう
  • ブラック企業が載っている可能性もある
    →求人情報はよく確認!

転職者の8割が使っているだけあってリクナビNEXTは大抵の転職者ならまず使って損のない転職サイトです。
求人数、地域、年齢層など、大抵の転職者を対象にしているオールマイティーな転職サイトではないでしょうか。
転職するに当たってどこの転職サイトがいいのか?と思ったら最初に登録しておくのが良いでしょう。

実際に使ってみて使いやすければそのままリクナビNEXTで転職活動を進めればいいと思います。
逆に少し使い勝手が悪いのであれば他の転職サイトも使ってみましょう。
自分の年齢や就きたい業界に合わせた転職サイトは色々あります。
それこそ「もうちょっと工場系の求人を探したい」のであれば、工場特化型の転職サイトを併用すれば良いのです。

「転職するぞ!」と思ってからリクナビNEXTに登録するより、転職を考え始めたくらいの時間に余裕のある今のうちに登録しておくことをおすすめします。
先にサイト内で履歴書・職務経歴書を書いたり、求人や転職の心構えをサイト内で情報を入れておけばいざという時にすぐ動けます。

リクナビNEXT会員登録はこちら→

リクナビNEXTと併用したい工場・製造業専門の転職サイト!

「自分からどんどん工場への転職活動を進めたい」
「周りの意見に惑わされずじっくり吟味して工場に転職したい」

というあなたは工場特化型転職サイトで求人を見てみましょう。
通常の転職サイトと違って工場の求人のみが載っているので、働きたい工場をより詳しく検索できます。

また、良い求人は「早い者勝ち」でもあります。
掲載期限があるのでいつまでも求人サイトに載り続けるわけではありません。
良い求人を見つけたら素早く行動して内定をゲットしましょう!

工場ワークス

工場ワークスは工場関連の求人に特化した転職サイトで、何と言っても豊富な求人数が魅力です。(2019/8/11現在、28550件の求人があります)

「都道府県」×「人気の職種・特徴」×「給与形態」・「給与金額」で希望の仕事を検索できる「らくらく検索」を使えば自分の希望する仕事も見つけやすいです。
他にも条件に特化した求人の特集(寮付き、日勤のみ、フォークリフトを使うなどなど)もしているのでやりたい仕事や業務形態で探せます。

このように希望の求人を探しやすいので使い勝手が良い転職サイトと言えるでしょう。

会員登録をしておけばあなたにあった求人やスカウトのメールも届くので転職活動をより有利に進められるでしょう。

工場ワークスの公式HPはこちら!

工場求人ナビ

創業1971年の日総工産が運営する工場、製造業専門の転職サイトです。
2018年3月より東京証券取引所市場第一部に上場した製造派遣業でも数少ない上場企業です。
大手の求人を多数扱っていることが魅力的で、これから工場で働こうと思う人のために用語集などもあるので初心者にも親切な転職サイトと言えるでしょう。

実際に応募するには登録相談会へ出向く必要はありますが、登録すればアドバイザーと相談しながら転職活動を進められるのが強みです。
つまり転職サイトとしてはもとより、転職エージェント的な使い方もできます。

どこを見たらいいかわからない、という人はまずは工場求人ナビに登録しておくことをオススメします。

工場求人ナビの公式HPはこちら!

もっと有利に工場・製造業へ転職するなら転職エージェント!

1人で転職活動をするよりもエージェントと二人三脚で進めれば

  • 書類対策
  • 面接対策
  • 日程調整
  • 給与交渉

などなどを引き受けてくれるのであなたはより転職活動に集中できます。
特に登録しなければ見ることすらできない「非公開求人」でお宝求人にも巡り会えるでしょう。

書類・面接対策に定評のあるdodaで工場・製造業へ転職する!

いざ転職するとしても書類が通らなければ始まりません。
面接にたどり着いても付け焼き刃では通りません。

書類や面接に自信がないというのであればdodaはぜひ利用したい転職エージェントです。
転職成功者からも定評のある面接、書類対策を受ければライバルに差をつけられるでしょう。

dodaは転職エージェントの中でも業界2位の求人数を誇ります。
もちろん非公開求人も充実しているのであなたの希望に沿った求人が見つかる可能性は高いです。

何よりdodaで定評のある「履歴書、職務経歴書、面接の対策」を受ければ一人であれこれ考えながら進めるよりも効率よくより良い転職活動を進められます。
もちろん無料で利用できるので利用しない手はありません。

そして転職エージェントとしてだけでなく、普通の転職サイトとしての利用も可能です
エージェントを介する必要が無いと思えば、自分で求人を検索して応募することもできます。

転職エージェントとして、
または転職サイトとして、
どちらでも利用できるので使い勝手が良いでしょう。

dodaで希望にあった工場・製造業を紹介してもらう