工場は出会いが少ない!恋愛・結婚のためにやるべき5つの行動


こんにちは!工場に転職して10年目のサトシです。

独身者にとっては職場も一つの出会いの場であってほしいものですが、工場の仕事は男性比率が高く女性が少ないことも特徴です。
生産するものによっては女性の比率が高い工場もありますが、そもそも恋人を作るために仕事をするわけではないのであまり不純なことばかり考えない方がいいかもしれません。

とはいえ恋人が欲しいというのも切実な問題です。
工場で働きつつ女性と出会って恋人を作るにはどうすればいいか考えていきましょう。

工場勤務で出会いが無い?それなら出会いを作るべし!

身もふたもないことを言ってしまいますが・・・。
職場で出会いが無いのは、出会いの少ない職場を選んだあなた自身のせいです。

工場でも女性比率の高い職場はあります。
例えば化粧品、美容・健康、食品系、衣服繊維製品といった工場は女性比率が高いと言われています。

それ以外の工場で働いている場合、やはり女性が少ないので職場で出会いを求めても彼女ができる確率は低いに決まってます。
魚のいない場所に釣り糸を垂らしたって釣れないのと同じことです。

そして言い訳をいくら作ったところで何もしなければ出会いもないし彼女ができない事実は変わりません。
当然そこから結婚なんて夢のまた夢です。

それならいっそのこと職場の外に目を向けましょう。
悲しいですが、女性のいない職場と家の往復だけで出会いなんてあるわけないというのが現実です。

だからこそ、出会いがなければ女性と出会いのあるところに行けば良いのです。
ただしどれもそれなりにお金がかかるというのが現状です。

出会いに本気であればある程度の投資は当たり前ともいえます。
何もしないでも出会えると思っていたら、いつまでたっても出会いはありませんよ?

工場勤務で彼女を作る方法1 趣味のつながりで出会う

【参考投資額】
????円(趣味にどれだけお金を使えるかにもよる)

趣味関連は意外と横のつながりが出来やすいので友人・知人も増えやすいし、もともと好きなもの同士の集まりなので相性も良いはずです。

  • スポーツのサークル
  • ライブ鑑賞
  • ゲームが好き
  • お酒が好き
  • アウトドア
  • などなど

私の身近な例だと、

  • ゲームのオフ会で出会って付き合った
  • 音楽フェスで出会って付き合った
  • 近所のバーで出会って結婚した(3組ほどいます)

という人たちがいます。

ただし出会いメインで近づこうとすると警戒されるしあなた自身の評判も悪くなるので注意してください。
下心は程々にしておきましょう。

工場勤務で彼女を作る方法2 合コンで出会う

【参考投資額】
約5,000円〜?
+2次会まであればその分も

出会いが少ないなら合コンを開いて出会いの場を作りましょう。
職場の親しい人たちの人脈を使って、または学生時代の友人たちの人脈を使ってまずは合コンを開いて出会うのが手っ取り早いです。

工場勤務は女性受けが悪い?

ところで工場勤務である自分に自信が無い人もいると思います。
今の仕事に着いてから色々合コンに出た私の印象では、

「良くはないけど、悪すぎることもない」

くらいでしょうかね。

格好いい職業の方が良いという女性側の気持ちもわかりますが、私から言わせてもらえば最初に職業で人を値踏みしてくる人は地雷やハズレなことが多かったです。
というより自分とは合いませんでしたね。

そういった女性は極端に言えば一部のエリート達との出会いを求めているので、もっと「普通の人たち」と合コンをしましょう。
一部のキラキラした女子と合コンをするよりも、友人達とのつながりで出会う方が自分と近い目線や価値観の人が多いと思います。
そういう女性たちの方が会話も合いやすいです。

とはいえ最初に「工場勤務です」と言うと身構えてしまう女性がいるのも事実。
(大げさにいえば、世界を股にかけるエリートサラリーマンと比べれば見劣りするのは事実)

だからアピールの仕方として

自分「工場で働いてます」
女性「何を作っているんですか?」
自分「○○です。最近は仕事も上手くいくし時間に余裕ができたから**(趣味)をしてるんだ」

くらいの話の繋げ方はした方がいいですね。単に「○○です」だけだとすぐ会話が終わって何も広がりません。

ここでは

  • 仕事が上手くいく→中堅くらいで仕事はできそう
  • **(趣味)を楽しむ余裕がある(金銭的、時間的)

というアピールをさりげな〜くしています。
(ちょっと簡単すぎますが・・・)

結局のところ、職業が何であろうと最終的に重要なのは「人としての魅力」なので上手く女性にアピールできるようにしておきましょう。

工場勤務で彼女を作る方法3 街コン、趣味コンに参加する

【参考投資額】
約5,000円〜10,000円弱
(開催内容により値段の上下あり)

合コンを開けるほどの人脈が無いなら街コンや趣味コンに参加してみましょう。
「数撃ちゃ当たる」ではないですが、女性の少ない職場でピンポイントで探すより出会いの確率は高いです。
何よりも、まずは行ってみないと何も初まりません。

一人で行く勇気がない場合は友達を誘って行ってみましょう。
誘う友達がいないという場合は一人参加限定の街コンもありますよ。

街コンで出会いを作る

街コンといっても参加人数は様々で、少人数なら10〜30名、大人数になると100名以上の規模で開催されます。
基本的なスタイルは

  • 複数店舗式
  • 1店舗着席式
  • 1店舗立食式

の3つに分けられます。
1店鋪着席式だと参加者全員と話せるので初心者にはオススメです。
もっと積極的に自分からアピールしたいのであれば1店鋪立食式か複数店鋪式の街コンに参加してみましょう。

街コンのジャンルも

  • 20代限定、30代限定
  • 年上彼氏、年下彼女
  • 職業別(医療関連、公務員、サービス業、etc)
  • 話下手
  • ぽっちゃり好き

などなど、色々あるので自分の求めるものに近いところに参加してみましょう。

趣味コンでもっと自分と合う人と出会う

もっとピンポイントで自分に合う人を探したいのであれば趣味コンに参加しましょう。

特にアニメ、ゲーム、漫画のようないわゆる「オタク趣味」の場合、趣味を隠しがちになりませんか?
そうなると余計に出会いの確率は低くなりますが、女性でもオタク趣味を持っている人はちゃんといます。
「オタク趣味だから出会いがないなぁ」と思っているのは男女共通です。
そして「趣味のつながりで出会う」でも書きましたが、趣味の合う同士なら話も合うし距離も縮めやすいです。

趣味コンはオタク趣味だけではなく、

  • ウォーキング
  • お酒好き
  • ハイキング
  • 美術館、博物館
  • ゴルフ、その他スポーツ
  • 犬好き、猫好き

などなど、多岐に渡ります。

 参加チケット購入_趣味コン

工場勤務で彼女を作る方法4 マッチングアプリで安心+効率的に出会う

【参考投資額】
月額約4,000円前後〜(アプリにより異なるがこの範囲内が多い)

外に出て彼女を作るのが面倒だという人はマッチングアプリを利用しましょう。

空き時間を利用して相手を探したりメッセージのやり取りもできます。
マッチングアプリは色々ありますが、登録者数1,000万人のペアーズが大手なので安心ですね。

ただし、登録しただけでは出会えませんので自分のプロフィールはしっかり作って女性にアピールしましょう。
適当なプロフィールだと興味を持ってもらえません。

マッチングアプリと出会い系との違い

いくつか違いはありますが大きな違いは下記の3つです。

  1. 身分証の提示が必要
  2. 大手企業が運営
  3. 金額は定額制

出会い系サイトは匿名で誰でも登録できるので、正直なところ怪しかったり危険だったりもします。
しかしマッチングアプリは身分が証明される人でないと利用ができないので安心して利用できます。

運営しているのも大抵大手企業なのでしっかりしています。(検索すれば出てくるような有名な企業がほとんど)
聞いたことのないよくわからない会社が運営しているようなマッチングアプリだったら利用は控えて、実績のあるマッチングアプリを利用しましょう。

金額も定額制なので、メッセージのやり取りのたびにお金がかかるということもありません。
出会い系だとポイント制で、

  • メッセージのやり取りにポイントがかかる→無くなれば課金

という流れがよくありますが、マッチングアプリは月額制なので無駄に課金するということもありません。

マッチングアプリってサクラが多いんじゃないの?

サクラを疑う人もいると思いますが、「サクラはいないけど業者がいる」のが現状です。
業者を見分ける方法は

  • 副業を誘ってくる
    →問答無用でブロックしましょう
  • プロフィールの内容が薄い
    →業者はすぐにアカウントが削除されるので作り込まない
    (ただし登録したばかりの人は除きます)
  • すぐにLINEのIDを聞いてくる
    →個人情報を盗もうとしてる可能性大
  • すぐにお金を要求してくる
    →出会い系じゃないんだから・・・

といったところでしょうか。

業者さえ見分けられたらスマホの向こうには出会いを求めている女性も多いので、上手く利用すれば自分にあった女性と安心かつ効率的に出会えます。

工場勤務で彼女を作る方法5 いっそのこと結婚相談所に登録する!

【参考投資額】
約10万円〜40万円
(各結婚相談所によって変動あり)

ゆくゆくは結婚を考えている、早く結婚したい、という考えなら結婚相談所に登録して結婚まで一直線で行くというのも一つの考え方です。
ただし、結婚相談所の利用は先に挙げた4つの方法よりもだいぶお金がかかります。

先に挙げたものは一回1万円くらいで収まりますが、結婚相談所は料金体系が異なります。

  • 入会金
  • 初期費用
  • 月会費
  • お見合い料
  • 成婚料

といったものにお金がかかるので高くつきます。
もし結婚がなかなか決まらなかったらその分お金もかかってしまうというデメリットもあります。

ただし、お金をかけた分サポートは5つの中で1番でしょう。
転職エージェントが転職者のサポートをしてくれるように、結婚相談所も結婚したい人を専任アドバイザーがサポートをしてくれると考えてください。
サポート内容はだいたい以下のようになります。

  • カウンセリング
  • 写真撮影
  • プロフィール作成
  • 会員情報の閲覧
  • 相手の紹介
  • 婚活パーティなどで出会いの場を提供
  • お見合いのセッティング
  • 成婚までをサポート

※各結婚相談所によりサービス内容は多少変わります

趣味で出会うのも合コンも街コンもマッチングアプリも自主的に動くものですが、結婚相談所ならアドバイザーと二人三脚で結婚までサポートしてくれるので心強いです。

結婚したいのに何をどうすればいいか分からない。
忙しくてなかなか女性との出会いの機会が無い。

という人は思い切って結婚相談所に登録してみてはいかがでしょうか。

工場勤務でも彼女を作る方法のまとめ

  • 工場勤務で出会いは少ないから自分で作るのが基本!
  • 趣味を活かして出会う(趣味の合う人は相性が良い)
  • 合コンを開いて出会う(出会いの環境はこれが手っ取り早い)
  • 街コン、趣味コンに参加してみる(参加人数が多ければ出会いの確率も高い)
  • マッチングアプリで効率的に出会う(業者を見分ければ効率的に出会える)
  • いっそのこと結婚相談所へ登録(サポートは抜群だが金額に注意・・・)

一番重要なのは、彼女が欲しければ自分から動かないと何も始まらないということです。

私としてはマッチングアプリか街コンがオススメですかね。
本当は趣味の出会いが一番良いのですが、場合によっては女性が少ないこともあります。
合コンは人脈次第というところもありますし、結婚相談所は金額の面でハードルが高いかもしれません。
とはいえは人それぞれやりやすい方法を取るのが一番です。

どれかやってみて一回ダメだったくらいで諦めないでくださいね。
失敗の大小は色々ありますが、出会いを求めて失敗するなんてみんな一回は経験済みです。

会話が続かなかったとか、お互い全然趣味が合わなかったとか、全然自分好みじゃないとか、狙った人が別の人とくっついたとか、色々あります。

むしろ「今回はダメだったけど次はこうしてみよう」と、失敗は次に活かしていきましょう。
何回もやっていればコツも分かってきますから諦めずに出会いの場へ飛び込んでいきましょう!