工場勤務

ヘルメットはハゲる?工場で10年働いてもハゲない方法を教えます

こんにちは!工場に転職して10年目のサトシです。

工場で働く人なら誰しも「ハゲるんじゃないか・・・?」と薄毛の心配するものです。
残念ながらヘルメットを被りっぱなしの仕事は頭皮の環境に良くないです。

しかし、まだハゲが気にならない段階から対策を取っておけばこれから先も薄毛で悩むことはなくなります。
実際私はこの仕事を始めた時から対策しているので今でも10年前と同じ毛量を保っています。

薄毛に気がついてから育毛剤や発毛剤やAGA治療にお金をかけるよりも、今から基本的な対策を取っていきましょう。

ハゲる前の先行投資ならまずは頭皮の環境改善からいきましょう。

薄毛の原因を知ろう

薄毛になるにはいくつかの原因があります。

ヘルメットを被り続けると必ずしも薄毛になるわけではありませんが、日々何かしらのケアもせずなすがままだと薄毛になる確率は上がってしまいます。

「まだフサフサだから考えなくてもいいよ」

と思わずに、フサフサの今のうちに対策を取れば10年後も20年後も髪の毛で悩むことはありません。
まずは原因を知るところからはじめましょう。

摩擦で髪や頭皮が傷む

ヘルメットがずれると髪の毛や頭皮がこすれます。
この「こすれる」というのが意外と髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまいます。
ちょっとくらいなら良いかもしれませんが、ヘルメットは仕事中は常にを被っているもの。
よくずれるという人は注意が必要です。

あご紐やヘルメット内のベルトで動かないように調節しましょう。

蒸れから頭皮の環境が悪化

仕事中ずっと被っていると当然ヘルメットの中は蒸れてきます。
蒸れてくると汗や皮脂で毛穴が詰まりやすくなってしまい、当然頭皮の環境には非常によろしくない。

夏場は特に注意が必要ですが、冬でも油断はできません。
ヘルメットを被り続けるということは通気性が悪いのでいずれにしろ蒸れてきます。

雑菌が頭皮にダメージを与える

仕事が終わってヘルメットをそのままにしておくと雑菌の温床になってしまいます。

ヘルメット内は汗や皮脂や汚れが付着しているので雑菌が繁殖しやすいです。
そしてヘルメット内は温度が高いので雑菌にとって過ごしやすい非常に良い環境です。

雑菌が繁殖すると

  1. 頭皮に付着
  2. 炎症
  3. 毛根にダメージ

という流れで薄毛の原因になります。

血行不良で髪に栄養がいかない

ヘルメットを緩めて被ると楽ですが、作業の面から見ると危険なのでやるべきではありません。
しっかりズレないように被らなければいけませんが、締めすぎると今度は頭部の血行が悪くなってしまいます。

血液は身体中に栄養素を送る重要な役割を担っています。

  1. 血行が悪いと頭髪に栄養素が満足に行き渡らない
  2. 髪の健康が失われる
  3. 徐々に薄毛になっていく・・・

このような流れが完成してしまい、徐々に薄毛への道を歩むことになります。

薄毛対策の基本はこの5つ!

日常的にヘルメットを被ることは頭皮の環境に良くないので、何よりもまず「すぐにできる対策」から始めましょう。
劇的な効果というよりも、まずは誰でもできる基本的な対策を取ることが薄毛対策の第一歩です。

ヘルメット内にタオル、インナーキャップを入れる

ヘルメット内にタオルやインナーキャップを入れることで、蒸れや摩擦の対策になります。

ヘルメットを直接被ると、どうしても内部で直接髪の毛に当たるので摩擦で髪の毛を痛めます。
サイズがイマイチ合わないと余計に摩擦が起きてしまいます。
被り続けると蒸れるので頭皮の環境にも良くないです。

これらの原因を解消するのにタオルを挟んでヘルメットを被るのが有効です。

とはいえタオルを挟んだから大丈夫、というわけではないので休憩中はヘルメットを外しましょう。
そしてタオルは毎日変えないと雑菌の温床になってしまうので注意しましょう。

もしくはインナーキャップの使用も効果的です。
吸汗・速乾性のあるものならタオルよりも快適ですし、何枚か用意しておけば毎日取り替えられるので頭皮の清潔さも保てます。

ヘルメット内部を洗う、拭く

雑菌の温床になるのでヘルメット内部を分解して洗うのも薄毛対策に有効です。

毎日使うもの、肌に触れるものは基本的に洗いますよね?
でもヘルメットはあまり洗うということがありません。
これでは雑菌が増えて頭皮の環境に悪いのは当たり前です。

分解して中性洗剤で軽く洗うだけでも清潔に保つことができるので、毎日は無理でもたまには洗うことをオススメします。

「そこまでできないな〜」という人はせめて仕事が終わったらヘルメットの内側を拭いておくか、除菌スプレーをするのも良いでしょう。

マッサージで血行を良くする

1日の終わりに頭皮をマッサージして血行を良くしましょう。

工場の作業とヘルメットは切っても切れない関係なので被るのは仕方のないことです。
何も被らない仕事をしている人より血行は悪くなってしまいます。

血行が悪いということは筋肉が硬くなっている可能性が高いです。
逆にいえば筋肉が柔らかい人は血行が良い人なので、身体中に栄養素が十分に行き渡ります。

試しに軽く頭皮を手でグーッと動かしてみましょう。
引っ張られる感覚が強いとなると、頭皮はだいぶ硬くなっています。
これでは薄毛が進行してしまうのも無理のない話です。

頭皮のマッサージは義務に感じてしまうと長続きしません。
まずは、

  1. 指を生え際からつむじに向かって押しながらなぞらせる(数回)
  2. 手のひらを頭に当てて円を描くようにマッサージ

この2つのマッサージを風呂上がり、または気がついた時にちょっとやってみましょう。
これくらいでも硬い頭皮を少しは改善できます。
やってみると意外と気持ちいいですよ?

髪、というか頭皮を洗う

仕事が終わって家に帰ったら頭皮を洗って清潔な頭皮環境を整えましょう。

疲れているからといってシャワーも浴びずに寝てしまうと、寝てる間に雑菌はどんどん繁殖していきます。

頭を洗う時は髪の毛を洗うというよりも頭皮を洗うことを意識しましょう。
この時爪を立てずに指の腹で洗うようにしてください。
爪を立てると頭皮を痛めてしまいます。

すすぐ時はしっかりシャンプーを落としましょう。
ザーッとすすいでもういいや、と思わずにいつもより意識してシャンプーをすすいでください。
すすぎが甘くてシャンプーが頭皮に残ってしまうとこれまた薄毛の原因になってしまいます。

少なくても1分くらいはすすぎましょう。

なるべくなら頭皮に良いシャンプーで頭を洗おう

どうせなら使うならシャンプーは頭皮をきれいに洗うスカルプシャンプーがオススメです。

適当にシャンプーを選んでしまうと頭皮によくない成分も含まれているので、少しでも薄毛を予防するためにもシャンプーには気を使った方が良いです。

私が使っているのはウーマシャンプーです。
ウーマシャンプーは洗い心地も良いし、何よりリンスやトリートメントをしなくても髪がごわつきません。毎日の頭皮ケアを考えたら面倒がなくてオススメです。
もし気に入らなかったら30日間返金保証もあるので試してみる価値はありますよ。

通常のシャンプーよりも割高ですが将来の髪への先行投資として考えて使っています。
ハゲてからAGAクリニックに行ったり育毛剤にお金をかけるより安いのでお得です。

【ウーマシャンプー】

  • 1本:3,580円
  • 詰替用:7,600円

アマゾンや楽天でも売っていますが公式サイトで買う方が安いです。
また、定期便で申し込むと少し安くなります。

【AGA治療】

クリニックにより金額は変わります。
AGAの症状(軽度〜重度)や服用する薬によっても金額は変わります。
※下記はあくまで目安として考えてください

  • 軽度:安く済めば月額3,000円〜5,000円、5,000円〜1,5000円になることも
  • 中度:月額5,000円〜12000円、または1回2万円くらい〜
  • 重度:自毛植毛で数十万円〜

このように、実際にハゲてしまってからではかなりお金がかかります。
「シャンプーを変えたから絶対ハゲない」とまでは言い切れませんが、頭皮環境を良くすることが薄毛対策に繋がります。

シャンプーなら1回買えば使い切るまで数ヶ月。
対して、AGA治療は月額数千円〜数万円。
どっちがお得かは一目瞭然ですし、薄毛対策は早く始めるほど有効です。

>>ウーマシャンプーを試してみる 

食生活と睡眠も重要!

日々の健康を保つには良い食事や良い睡眠が欠かせません。
髪の毛も食事から得られる栄養素で成り立ちます。
睡眠により成長ホルモンが分泌され、髪は育ちます。

バランスの良い食生活が良い髪を作る

髪の毛のために良い栄養素は色々とありますが、一番良いのは「バランスのとれた食事」です。

とはいえ、仕事が終わって空腹なら好きなものをおなかいっぱい食べたいですよねぇ・・・。
肉とか脂っこいものとか美味しいですが、それだと栄養が偏ってしまいます。
あれこれ考えるのが面倒な人は、

  1. せめて日々の食生活に髪の毛に良い食べ物を一品追加する
  2. 肉系をがっつり食べる回数を減らす(週に数回〜週末のみとか)

この辺を意識してみましょう。

髪の毛に必要な栄養素は以下の通りです。

  • タンパク質
  • 亜鉛
  • ビタミンA、B群、C、E
タンパク質肉、魚、卵、大豆、乳製品など
亜鉛牡蠣、豚レバー、納豆、魚介類、ナッツ類など
ビタミンA緑黄色野菜、ごま、ナッツ類など
ビタミンBレバー、赤身肉、卵、魚介類など
ビタミンC柑橘類、パプリカ、ブロッコリー、焼き海苔など
ビタミンE魚介類、ごま、アーモンドなど

こうして見ると大豆類や卵はタンパク質や亜鉛、ビタミンも摂取できるので日々の食生活に取り入れたいですね。
いつもの食生活に豆腐や納豆、おひたしなどを一品取り入れるところから始めましょう。
おやつ代わりにアーモンドを食べるのもオススメです。(意外と腹持ちがいいんですよ)

良い睡眠で髪を育てる

いわゆる「ゴールデンタイム」に睡眠を摂ると成長ホルモンが良く分泌されると言われています。

ゴールデンタイムとは夜22時〜2時の間を指します。
この時間に睡眠をとれば髪の毛も成長ホルモンによって良く育つというわけです。

しかしこれは夜勤をする人には難しい話です。
ゴールデンタイムに睡眠をとれない場合は「規則正しい睡眠習慣」を身につけましょう。
休みの日だから、休日前だから、といってだらだらと惰眠をむさぼってしまうのはNGです。

また、食後にすぐ寝ないというのも重要です。
どうしても食後は眠くなってしまいますが、胃は消化活動をしています。
つまり自分はぐっすり寝ているつもりでも体内は活動しているので本当の意味で体を休めてるとは言えません。

というわけで良い睡眠をとるには食後から2〜3時間は空けるようにしましょう

いっそ短髪にする

頭皮を清潔に保つためにも思い切って短髪にするというのも一つの方法です。

髪が長いとそれだけヘルメット内で髪の毛もこすれるし余計に蒸れてきます。
髪の毛を短くしておけばケアは楽だし清潔感もあります。
髪型をこれ以上気にする必要も無いのでストレスが減るかもしれません。

何より薄毛になってきたときに一生懸命髪の毛で隠そうとするのは格好悪いです。
(バレバレですからね・・・)

むしろ薄毛になり始めたときほど短髪だと意外と目立たないものです。
そして実際にハゲてしまった時に中途半端に長いと余計に目立ちますが、バシッと短髪にしたらむしろ潔いです。

今は「おしゃれ坊主」なんて言葉もありますし、芸能人でも薄毛やおでこの広い人でも短髪にして格好良い人もいます。
そういう人たちを参考に短髪にして見るのも良いでしょう。

ヘルメットでハゲない方法のまとめ

  • 薄毛になる原因は
    摩擦、蒸れ、雑菌、血行不良
  • ヘルメットでの薄毛対策は
    ・ヘルメット内にタオルかインナーキャップ
    ・ヘルメットを洗う・拭く
    ・頭皮を洗う(シャンプーにも気を使う)
    ・マッサージ
  • 食生活を見直してなるべくバランスの良い食事を心がける
  • 質の良い睡眠をとる(規則正しい睡眠習慣を)
  • 思い切って短髪にする

ポイントは、頭皮の環境をなるべく悪くしないことです。
そして今から薄毛対策を始めること。

男なら誰しもできればハゲたくはないものですよね。
しかし工場の仕事でヘルメットをしないで作業するのは自殺行為に等しい危険な行為です。(ヘルメットを脱いで作業することは禁止されているはずです)

頭皮の環境の悪さを避けられないのであれば日常的に対策をとりましょう。
最初は面倒臭いと思うかもしれませんが、いつもやっていれば日常になっていきます。
むしろここで挙げた対策は実に簡単なものです。

何より薄毛になってから悩んだり育毛剤などにお金をかけるのはストレスですし面倒です。
何度も言いますが、手遅れになる前に薄毛対策は今から始めましょう!

10年後も20年後もフサフサでいるために、頭皮環境の改善から始めませんか?

工場の求人数なら日本最大級!工場ワークスのチェックはしていますか?
無料登録はコチラ
工場の求人数は日本最大級!
工場ワークス